さがみはら南区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

(PR)

重症心身障害児者施設『ワゲン療育病院長竹』 利用者の「第二の故郷」めざすサポート 「生活に彩りを加える環境作りが大切」

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 今年4月、相模原市で25年ぶりに重症心身障害児者施設「ワゲン療育病院長竹」が緑区長竹に開設された。全国的に重心認定をされた人を受け入れる医療機関は少ないとされ、相模原市でも障害をもった家族を県外の施設に預けなくてはならないケースも多いという。そういった現状を受け、市内に2カ所目となる新たな施設開設の動きが生まれた。開院から約9カ月。同院は、利用者の「第二の故郷」となる環境作りをめざし、日々細やかなケアに努めている。

 施設長の保坂和子さんは、「長竹という自然豊かな場所で、利用者様には落ち着いて、楽しく毎日を過ごして頂きたい。だから、外出行事や季節のイベントは欠かせません」と話す。看護師と共に保育士や介護福祉士などの生活支援員がサポートし、利用者の毎日に彩りを加えている。

 同院で働くのは、重症心身障害児者施設での経験があるスタッフばかりではない。「療育・介護に重点を置く環境は『大変そう』と思われるでしょうが、これまで培った経験と優しいお気持ちだけあれば、経験のあるスタッフがしっかり指導します」と保坂さん。院内外での研修をしっかり行い、利用者と触れ合うことでステップアップを図るという。障害児者施設は同院が初めてという看護師スタッフは、「医療ケアを受けながら生活の質を保つ方を前にして、不安はありました。でも、新しい表情を発見できるのが嬉しくて」と、この9カ月を振り返る。同院では今後もスタッフが連携して、利用者の生活の質向上と社会参加を推進していく。
 

ワゲン療育病院長竹

相模原市緑区長竹494-1

TEL:042-784-7227

http://www.wagen.or.jp/nagatake/

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

顔、腕、言葉ですぐ受診

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

顔、腕、言葉ですぐ受診

三成会 新百合ヶ丘総合病院

1月14日号

ニューノーマル時代を切り拓く教育と福祉の在り方

地域と共生し地球と共存する

地域と共生し地球と共存する

株式会社ギオン

1月1日号

点滴流量をIoTで管理

点滴流量をIoTで管理

医療や介護従事者の負担軽減に貢献 

1月1日号

多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

多角的事業展開 中核は住宅とタクシー

株式会社サーティーフォー

1月1日号

脱腸手術 実績1300件超の信頼感

脱腸手術 実績1300件超の信頼感

保険適用で日帰り対応/たまプラそば

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク