さがみはら南区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

衆院選14区・16区 自・民で議席分け合う 比例含め2選挙区で4人

政治

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
小選挙区で当選し挨拶する赤間氏(右)と、比例当選を決め支持者の歓声に応える本村氏(左)
小選挙区で当選し挨拶する赤間氏(右)と、比例当選を決め支持者の歓声に応える本村氏(左)

 第47回衆議院総選挙は、12月14日に投開票が行われた。神奈川14区(中央区、南区・緑区の一部)では自民党の赤間二郎氏(46)が、前職同士が激しく争った神奈川16区(南区・緑区の一部、厚木市、伊勢原市、愛甲郡)では、民主党の後藤祐一氏(45)がそれぞれ議席を獲得した。14区の民主党、本村賢太郎氏(44)と16区の自民党、義家弘介氏(43)は重複立候補した比例で復活当選。自民・民主が2議席ずつを分け合い、2選挙区から4人の衆院議員が誕生することとなった。

神奈川14区

 前回に続き、10万票以上を獲得して議席を守った赤間氏は、「どこへ行ってもあたりがなかった。しかし、テレビなどでは『自民優勢』の報道。毎日心配が積み重なった。周りの人の声が頼りだった」と選挙戦を振り返り、「この場においては笑顔があってはいけない。それぞれの家庭で景気の回復が実感できるよう、おごることなく取り組みたい。改めて十字架を背負う」と気を引き締めた。

 前回、赤間氏と3万4662票差で落選、比例でも977票の差で復活を逃した民主党の本村賢太郎氏。今回、小選挙区で赤間氏に2万5923票差に迫ったものの届かず。比例代表で復活当選を果たした。本村氏は、「これからが始まり。今から戦いが始まっている。地に足をつけてしっかりやっていきたい」と支援者に挨拶した。

神奈川16区

 自民・義家氏と民主・後藤氏の一騎打ちの様相を見せ、小選挙区で全国最後の1議席をめぐる激戦となった16区。前回も8077票と僅かな差での戦いだったが今回、後藤氏が義家氏に1489票差で競り勝ち、借りを返す形となった。

 後藤氏は支援者に対し、「秘密保護法、情報公開、行政改革。こういった得意分野を中心に、安倍総理に対案を持ってブレーキをかけ、温かい社会を実現するため民主主義、平和を守るために頑張っていきたい」と挨拶をした。

 一方、義家氏は「共有すべき未来のためにしてきたことを、きちっと有権者の皆様に伝えきれなかった私の力不足」と小選挙区での敗戦を語り、「16区の未来を創生し、それを一人でも多くの人に伝えることが今後の課題」とした。

投票率は伸びず

 全国的に投票率の低下が目立った今回の衆院選。市内の投票率は小選挙区・比例ともに53・87%で、前回をそれぞれ5・41ポイント、5・4ポイント下回った。

小選挙区で競り勝ち万歳をする後藤氏(右写真中央)。義家氏(左)は比例復活にも厳しい表情
小選挙区で競り勝ち万歳をする後藤氏(右写真中央)。義家氏(左)は比例復活にも厳しい表情

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク