さがみはら南区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

東日本大震災の自主避難者で、被災地の現状などを伝える講演を続けている 鹿目(かのめ)久美さん 緑区原宿在住 47歳

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena

いつか 福島へ帰る日が

 〇…「つらい思いを繰り返すだけ」。一方的に自分の話をした後の帰り道は、いつも苦しくなる。聴講者と対話できる形式の方が好きだ。「震災後から今までのことを語ってほしい」などと、年に10回近く講演の依頼がくる。しかし振り返りたくないこともある。それでも前向きになれる理由は、「震災で大きな被害を受けたわけでなくても、生きづらい世の中で自分に不安をため込んでいる人が多い。みんな一緒。がんばっていかなければ」。いつもそんな思いに後押しされ壇上にあがる。

 〇…生まれた当時の住まいは、相模原市内にある工場の社宅。父親は昼休みになると敷地内の工場から家に戻り、お風呂に入れてくれた。その後、現在の住居へ移り、「近所に住む叔父も叔母も家族同然。親戚の中で育てられました」。幼稚園の時から器械体操をはじめ、小3から競技クラブへ通うように。体がとても柔らかく、中学を卒業するまで通い続けた。高校時代も部活に明け暮れ、朝5時台に家を出て、夜10時頃に帰宅をする毎日。休みは年に3日ほど。「怪我をするし、体重制限はあるし…。小2の長女が『やりたい』と言っていますが反対です」と苦笑い。努力の甲斐があり高3の時にはインターハイへ出場した。

 〇…趣味はジャズダンス。震災から2年ほど経った頃。「そろそろ自分の楽しみを持ってもいいかな」と独身時代から遠ざかっていたダンスを再開した。「余計なことを考えなくていい。すっきりできる」そう。仕事は2月からフルタイムの職種に。「マイナスの経験がプラスになるから」と、昨年秋からカウンセリングの勉強も始めた。

 〇…「いつかは福島へ帰らないと」と、長女は言う。「でも二十歳までは帰らない」とも。自身の心は「まだそんな(戻る)気にはなれない」「でも家は福島。いつか戻る場所」と揺れ続けている。「どこかで区切りをつけないと。いつかそんな日が来るんだろうな」

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

大谷 喜一郎さん

相模原市みどりの少年団・大野中地区の団長を務める

大谷 喜一郎さん

鵜野森在住 72歳

11月25日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

相模大野在住 49歳

11月4日号

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook