さがみはら南区版 掲載号:2015年4月9日号 エリアトップへ

4月1日付で相模女子大学の学長に就任した 風間 誠史さん 八王子市在住 57歳

掲載号:2015年4月9日号

  • LINE
  • hatena

仁をもった地域人育成を

 〇…「択(えら)んで仁(じん)に居らずんば、いずくんぞ知を得ん」――。学長就任時、自身の専門である古典文学から論語の一節を引用し、そう所信を表現した。訳せば「自分の居場所を仁(思いやり)のある場所にしなければ、どうして知を得る(学ぶ)ことができるだろうか」。「仁」と「知」が結びつく場所が大学であるようにと願いを込めた。『見つめる人になる。見つける人になる。』。2010年から掲げている大学のスローガンに重ね合わせ、大学の歴史を受け継ぎ、職務にまい進していく。

 〇…東京で生まれ、高校3年時に鵜野森へ。「その時から相模原に縁があったのでしょう」。東京都立大学へ進学、そこで受けた授業が進むべき道の指針に。「つまるところ、人との出会いが全て」。出会った恩師の知の深さ、偉大さに感銘を受け、文学の道を志した。都内の定時制高校で教諭を務めながら、江戸時代の日本文学研究に没頭。93年、同大学短期大学部の講師に就任した。

 〇…多摩センターの自宅から大学まで、通勤で片道50分かけてロードバイクを走らせる毎日。年に一度、佐渡のトライアスロン大会に出場して10年目になる。「走り過ぎて腰を痛めてから水泳も自転車もできるトライアスロンを始めた」という根っからのスポーツマン。職務の合間を見つけてはトレーニングに汗を流す。「おかげで風邪もめったにひかないですね」。現在は4月下旬の宮古島大会へ向け最終調整段階という。

 〇…「里は仁なるを美と為す」。東日本大震災の翌年、新年に学生が書いた「書」から目が離せなかった。「村、里の本当の美しさは、(景観などでなく)そこに住んでいる人(仁)で決まる」。地域の中で結びつく大切さ、地域社会で担う女性の役割――。すべてが壊れ大きく変化してしまった中で、なお変わらずに、逞(たくま)しく誇らしく生きる土地の人々が重なった。いずれ地域に出て貢献していく女性たちを、「仁を以って」育んでいく。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

井上 博行さん

町田・相模原経済同友会の代表幹事に就任した

井上 博行さん

町田市在住 79歳

8月1日号

松井 克之さん

一般社団法人 神奈川県歯科医師会の新たな会長となった

松井 克之さん

新磯野在住 64歳

7月25日号

宮崎 華奈さん

女子ビーチサッカーチーム「東京レキオスレディースBS」で全国大会を目指す

宮崎 華奈さん

中央区田名在住 28歳

7月18日号

北島 ナディアさん

市民参加型文化企画「フラメンコ・オペラ〜カルメン〜」でカルメン役を務める

北島 ナディアさん

相模台在住 23歳

7月11日号

高橋 未来子さん

オペラ歌手で、町田イタリア歌劇団10周年記念公演「アイーダ」に出演する

高橋 未来子さん

 東林間在住 

7月4日号

木村 智子さん

絵本の読み聞かせグループ「チョコリラ」の代表を務める

木村 智子さん

上鶴間在住 72歳

6月27日号

宮田 貴文さん

県立相模原公園内のカフェで働きながら、出張珈琲サービスの代表を務める

宮田 貴文さん

中央区光が丘在住 46歳

6月20日号

あっとほーむデスク

  • 7月25日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク