さがみはら南区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

三協フォート 街の半世紀 見つめ続けて オダサガの変遷、写真で辿る

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 小田急相模原駅周辺の50年間の変遷を辿る写真展が4月28日(火)から30日(木)までの3日間、ラクアル・オダサガ4階で催される。同駅近くで写真撮影や販売を50年間手掛けてきた「三協フォートサービス」(藤原和雄社長/座間市相模が丘5の3の9)が、「地域の歴史を後世に伝えたい」と企画した。

 「オダサガ」の愛称で親しまれる同地区。今でこそ高層マンションが並び商業店舗も多いエリアだが、1950年当時は空き地が散見される未開発エリアだったという。東海大学付属相模高等学校(相南)が1963年に開校し高校生の往来は増えたものの、「建築物はまだ少なく、家がぽつぽつと建っているだけだった」と藤原さんは振り返る。

 写真の撮影をなりわいとしてきた藤原さんは、業務以外でも、街並みや祭り、住人たちの表情などをファインダー越しに見つめてきた。同社の創業50周年にあたり、写真を取り扱う会社として「これまでに記録した地域の歴史を後世に伝える義務がある」と思案。開業当時から現在までのオダサガをたどる写真展の企画に至った。

 期間中は同社が撮影した写真約60点に加え、行政や地元商店街から提供されたものもパネル展示される。入口には今年3月に撮影したばかりだという航空写真を、引き伸ばして展示する。

東海大相模高の「あゆみ」も写真に

 同展では、小田急相模原駅周辺エリアとは「切っても切れない」関係だという東海大相模高の半世紀をクローズアップする特設コーナーも設置。同校野球部を一躍全国区に押し上げた故・原貢さんと、読売ジャイアンツ監督の原辰徳さん親子の貴重なツーショットや、1970年に甲子園で初優勝した際のパレードの様子や優勝盾も並べられるという。

 午前10時から午後6時、入場無料。問い合わせは同社【電話】042・742・8889へ。

甲子園優勝パレードは、異様な熱気に包まれた
甲子園優勝パレードは、異様な熱気に包まれた

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「SDGs未来都市」に

相模原市

「SDGs未来都市」に 社会

普及促進へ新制度も検討

7月30日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

迫るコロナ対応 手順徹底

市職員避難場所研修

迫るコロナ対応 手順徹底 社会

マニュアル共有へ 

7月23日号

代替大会、組み合わせ決定

高校野球選手権

代替大会、組み合わせ決定 スポーツ

1日開幕、175校が出場

7月23日号

ノジマステラ初制覇へ

女子サッカー

ノジマステラ初制覇へ スポーツ

なでしこリーグ開幕

7月16日号

納涼花火もコロナで中止

納涼花火もコロナで中止 文化

実行委、代替イベント検討

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク