さがみはら南区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

炭素循環農法 市内唯一、導入から1年 土壌整え収量増に期待

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
農園を管理する藤野さん
農園を管理する藤野さん

 相模原市緑区にある「アビオファーム」(青山3738)は、市内で唯一、炭素循環農法を導入し、肥料や農薬を使わない、自然の法則に沿った栽培に取り組んでいる。昨年4月の開始から1年。同園を一人で管理している藤野愛美さん(29)は「まだ土壌を整えるための準備期間。慣行農法の2倍の収穫が期待できる農法とされているのでしっかり管理していきたい」と話している。

 炭素循環農法とは、土壌微生物(菌)を育てることで野菜を栽培する農法。農薬や肥料を使わず、餌となる高炭素資材(チップなど)を畑に与え、微生物の活性化を図り、微生物と植物の共生関係によって、健康な野菜が育つという仕組み。近年全国的に広がりつつある農法だという。

 「実際に森林で植物が育っていくような自然の循環に沿ったもの。人間基準ではなく、自然基準で考える栽培です」と藤野さんは話す。

 同農園は約10年間遊休農地であった1・5haの土地を、東京都内で飲食店を営んでいる会社が自然農園として再生させることを目指し、昨年4月に農作を開始した。

「自然を身近に」

 自給自足の生活に憧れて、就農を希望していた藤野さんは、同社の経営者からの紹介を経て同農園の管理者となった。藤野さんは「炭素循環農法でできた野菜は本来の風味を存分に引き出すので、すっきりとした甘味があり、とても美味しい」と魅力を語る。しかし、微生物が住みやすい土壌を作り出すには長期間を要するため、導入する農家は少ない。準備段階の土では上手く育たない野菜もあり、この1年間は藤野さんにとって、常に試行錯誤の日々だったという。現在は桃やエンドウ豆、ジャガイモ、ネギなどの栽培を進めており、夏に向けてトマトやピーマンなど夏野菜の植え付けも始めていく予定だ。

 同農園では、野菜収穫・植付けやバーベキューなど、定期的なイベントも開催。「誰でも参加可能です。季節に応じたイベントを行い、自然をもっと身近な存在として感じてもらえれば」と藤野さんは話している。参加の方法は同園のフェイスブック、またはホームページで確認できる。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク