さがみはら南区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

ネパール大地震 音楽の調べで支援 14歳の少女が想い実現

社会

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 カントリー音楽などを奏でるブルーグラスバンド2組が6月13日(土)、インド・ネパール料理レストラン「モナの丘」(南区下溝)で、ネパール地震復興支援チャリティライブを行う。バンドメンバーの声が発端となり持ち上がった同企画。当日は店内に募金箱が設けられ善意の支援を募る。

 出演する「JJ&Good Old Pals」=上写真右=と「The Twin Fiddlers」=同左=のメンバーは定期的にライブ活動を行っている。ネパール地震が発生したことを受け、すでに決まっていたライブを「支援の形にできないか」とツインフィドルのメンバー、キャタリナ・ソフィアさん=下写真=がもう1組の出演バンドに打診。JJメンバーも同じように考えており、会場となる「モナの丘」も快諾して実現となった。

 キャタリナさんは現在14歳。小学5年時に来日し、米軍住宅(南区上鶴間)に住み始めたころ「フィドル」に出会った。フィドルとはいわゆるヴァイオリンのこと。曲調、弾き方によってその呼び名が違うのだという。3年前、フィドルの先生である鷲見(すみ)明保さん、ギター担当の富田聡さんとバンドを結成。現在、都内のライブハウスなどで定期的にライブ活動を行っている。

 3歳でヴァイオリンに触れたというキャタリナさん。「聴いてくれる方がいて一緒に楽しめるところが音楽の素敵なところ」と、アメリカの児童施設、老人ホームなどでも披露してきた。現在通う座間市のアメリカンスクールでは他生徒と共に校内でネパール支援募金を募ったのだという。

 ライブは午後6時30分から(食事は午後6時頃から)。当日は音楽の夕べ限定メニュー(カレー2種、その他1種/各1500円税別)から選ぶ。座席に限りがあるため予約必須。問合せ・予約は同店【電話】042・777・8586へ。

フィドルを手にするキャタリナさん
フィドルを手にするキャタリナさん

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

相模原をバスケの聖地へ

1月発足プロセス

相模原をバスケの聖地へ スポーツ

トップリーグ参入めざす

11月19日号

全国花のまちコンで入選

南大野自治会

全国花のまちコンで入選 社会

県内で唯一の受賞

11月19日号

最新情報を随時更新

さがみはら防災マップ

最新情報を随時更新 社会

電子マップ6年ぶりに刷新

11月12日号

3人の若武者 夢の舞台へ

プロ野球ドラフト会議

3人の若武者 夢の舞台へ スポーツ

山村、西川、牧原選手

11月5日号

相模大野カレーが一堂に

相模大野カレーが一堂に 文化

コロナ禍乗り越えフェス

11月5日号

生徒の「声」が原動力

相模女子大学高等部

生徒の「声」が原動力 社会

オンライン学祭 来年開催

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク