さがみはら南区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

相模女子大桜美林大 4年目の東北 報告会 所属の枠を超え初共催

社会

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 相模女子大学(南区文京/風間誠史学長)の学生が6月20日(土)、21日(日)、東日本大震災の被災地の復興状況を伝えるための展示会「私たちの見た岩手・宮城〜始動、東北〜復興から4年、もう一度考える東北」をユニコムプラザさがみはら(南区相模大野)で開催する。3回目となる今回は、初めて桜美林大学(町田市/三谷高康学長)と共同で開催する。

 東日本大震災の翌年から相模女子大学に立ちあげられた「復興支援学生ボランティア委員会」(=写真右=高橋里波委員長/日本語日本文学科3年)。同委員会は、定期的に被災地の岩手県大船渡市に赴き仮設住民と交流するほか、現地の様子を取材して、毎年相模原市内で報告している。

学生同士の縁で

 今年2月、町田市内で行われた「学生活動報告会」に同委員会が参加。その際、同じく被災地支援を継続している桜美林大学のサービスラーニングセンターボランティア(=写真左=以下SLC-V)の学生と出会った。桜美林生が発表の場を模索していたことを知った相模女子大の学生が呼びかけ共同開催に至った。「桜美林大学さんと共通しているのは『食』での支援。東北の食の美味しさを伝えることで復興支援に繋げていければ」と高橋さん。また、SLC-Vリーダーの前田莉穂さん(ビジネスマネジメント学群4年)は「初めての共同企画で楽しみ。学生ならではの視点で活動を伝えたい」と意気込む。

 報告会当日は、相模女子大学が大船渡市の森下水産(株)と共同開発している「海鮮キッシュ」や、桜美林大学の学生が支援する宮城県山元町・山元いちご農園の「イチゴマカロン」の試食会などが行われる。

 そのほか、震災当時から現在の復興状況に関する写真と映像の展示、学生同士による座談会などが開催される。午前10時〜午後6時。一般入場自由。

 問合せは相模女子大学教育研究推進課【電話】042・747・9540へ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

俳句雑誌「星時計」を創刊

南台在住大元祐子さん

俳句雑誌「星時計」を創刊 文化

市民ら70人が投句

10月22日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月22日号

小野選手が3000mでV

相模原中等校3年

小野選手が3000mでV スポーツ

中学陸上県大会の頂点に

10月15日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

「マスクの下はこんな顔」

相模台商店街

「マスクの下はこんな顔」 コミュニティ社会

素顔のポスター 準備中

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク