さがみはら南区版 掲載号:2015年7月16日号 エリアトップへ

学校内の土壌を測定 市民主導では初の試み

社会

掲載号:2015年7月16日号

  • LINE
  • hatena
グラウンドの土を採取する調査参加者
グラウンドの土を採取する調査参加者

 放射能から子ども達を守ることを目的に、2011年から活動している市民団体「こどもまもりたい」が先月、相模原市に協力を要請して市立谷口台小学校(南区文京)内の土壌測定を行った。学校敷地内の土壌放射線量を行政以外が検査するのは初の試み。団体メンバーらは「さらなる安心のために、他地域にも広げていきたい」としている。

 調査を行った「こどもまもりたい」は、放射能汚染に対する市民主導の自衛対策の推進や勉強会、自治体への対策実施などの働きかけを行っている母親たちのグループ。東日本大震災後の2011年秋頃から活動を開始し、福島県の被災者や他団体との連携、署名活動などを通じ、放射能汚染への関心を促してきた。

 6月10日に行われた調査は、市教育委員会学校保健課職員の立会いのもと、校庭の表土のほか、菜園、ヤシの木下、雨どい下などの土壌を採取。東林間測定室に持ちこみ測定された。

 結果はセシウム137の値が、グラウンド表土で53・8Bq/kg、菜園で30・9Bq/kg、ヤシの木下で66・2Bq/kg、雨どい下で61・2Bq/kgなどで、目立った数値は検出されなかった。

 測定調査に参加した同グループメンバーの長谷川くみ子市議は「想定内の結果でよかった。心から安心を得られるように計測を続けていければ」と話していた。

相模原市の試み

 相模原市では東日本大震災以後、放射性物質漏出事故の影響を早期に発見するため、市内各地で空間放射線量の測定を行ってきた。

 空間放射線量に関しては0・23マイクロシーベルトを基準値としており、超えた場合には土壌等を除去するなどの対応を行っている。市内109校の小中学校でも毎年11月頃に空間放射線量の計測を継続。また南区、中央区、緑区から1校ずつを選出し、1学期1回の測定も実施している。

 土壌の放射線量に関しては国から明確な基準値が出されていないため、学校敷地内等では実施していないが、市内29カ所で土壌の放射線測定を行っている。

 学校保健課では「相模原市では広い範囲で空間と土壌の放射能測定を行い、市のホームページでも公表している。十分に安心していただけるレベルにあると思う」としながらも、「他の地域でも要望があれば学校との調整にあたる」と話している。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

トップ選手が市内を疾走

6月3日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter