さがみはら南区版 掲載号:2015年7月23日号 エリアトップへ

デザイン力でゴミ減量 相模女子大 町田市と協働

社会

掲載号:2015年7月23日号

  • LINE
  • hatena
カサの素材を持つ小林るりさん(左)と吉川ちひろさん
カサの素材を持つ小林るりさん(左)と吉川ちひろさん

 相模女子大学(南区文京・風間誠史学長)が7月8日、町田市と「デザインの力で3Rを推進する協働研究に関する協定」を締結した。町田市内で廃棄された素材をデザインの力で「日用品」に再構築する試み。ゴミの減量と資源化も期待されている。

 協働研究のテーマは「棄却される素材をデザインの力で『Re―クリエイト』する手法の考察〜ずっと地球で暮らしていくために」。同大の学芸学部生活デザイン学科講師の小林るりさんと吉川ちひろさんの2人が進めていく。

 3Rとは、リデュース(ゴミを減らす)、リユース(何度も使う)、リサイクル(分別し資源に)のこと。今回の活動は3Rにデザインの力で「Reクリエイト」(再構築する)という概念を加えて4Rで行うことが特徴となっている。

廃棄素材を製品に

 今後は市から提供される廃棄されたカサやバッグなど再生可能な素材を、エコバッグなどの製品に再構築していく。「女子大生が使いたい製品ができれば、多くの人が使ってくれるはず。色や素材を組み合わせてオシャレな製品を作りたい」と両氏。ただ、エコバッグを利用する人は増えているが、レジ袋も依然として大量に消費されているのも現実。「こういう活動をきっかけに学生たちが、環境問題にも関心を持ってほしい。何かを買う時に『このデザインなら壊れても、再利用できる』というような思いが生まれる活動をしていきたい」と小林さん。

 デザインや製品の発表は2年後をめどに行われ、作成した製品のデザインや型紙、作り方などは町田市のホームページで公開される。また大学構内での実証実験、ゴミ減量に向けた出前講座、市民を対象とするイベントや講座などを行い、活用を広めていく。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

橋本公園で代替イベント

東京五輪聖火リレー

橋本公園で代替イベント 社会

ランナー87人が集結

6月24日号

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter