さがみはら南区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

一遍上人に捧ぐ 無量光寺で開山忌 踊り念仏も

文化

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena
7種類の念仏を唱えながら踊った=10月23日、本堂で
7種類の念仏を唱えながら踊った=10月23日、本堂で

 南区当麻の時宗寺院、当麻山無量光寺で10月23日、開山忌法要が行われた。

 開山忌は、時宗の開祖である一遍上人の功績を称える法要で、毎年同日に行われている。この日も、同寺の本尊で市重要文化財になっている「一遍上人立像」の特別公開や檀家男性による双盤念仏、子どもたちの稚児行列など恒例行事が行われた。

 一遍上人が全国遊行の中で広めたとされる「踊り念仏」は、同寺では25年前に檀家の柿澤孝江さん(76)の呼びかけで再興。同日は女性22人が紫の装束を身にまとい、本堂中央に置かれた太鼓の周りを回り所作を披露した。初めて踊り念仏を見たという相模台在住の猪俣達夫さん(72)は「希少な機会。伝統を受け継いでいるというのはすごいこと」と話していた。リーダーの柿澤さんは、「来年は、新しいうたを披露したいと思っている」と話した。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook