さがみはら南区版 掲載号:2015年11月19日号 エリアトップへ

笑顔守る活動を オレンジリボンで啓発

社会

掲載号:2015年11月19日号

  • LINE
  • hatena
オレンジ色にライトアップされたウェルネスさがみはら
オレンジ色にライトアップされたウェルネスさがみはら

 相模原市は11月の「児童虐待防止推進月間」に合わせて現在、さまざまな啓発活動を行っている。市電設協同組合(大野則夫理事長)、市印刷広告協同組合(長田功代表理事)、和泉短期大学(中央区/佐藤守男学長)や、その他多くの市民・ボランティア団体が協力しており、市内でのオレンジリボン活動は年々広がりを見せている。

 2004年9月に栃木県で2人の幼い兄弟が虐待の末、川に投げ込まれて命を奪われるという事件をきっかけに始まった全国的な市民活動。シンボルカラーのオレンジは子どもたちの明るい未来を象徴し、シンボルマークのオレンジリボンには「児童虐待を防止する」というメッセージが込められている。

 オレンジリボンキャンペーン活動の一環として11月2日から8日まで、市電設協会と市の協働事業として、ウェルネスさがみはら(中央区富士見)の建物がシンボルカラーのオレンジにライトアップされた。

大学、団体と連携し

 啓発活動の一環として10月31日、11月1日に行われた「潤水都市さがみはらフェスタ」では子育て応援ブースが出展された。ここでは啓発に加え、記念切手の製作やふせんアートなどを体験できるブースで、多くの親子連れが楽しんだ。

 また和泉短期大学の学生が作成したオレンジリボンに、市印刷広告協同組合から提供されたメッセージが添えられたものが11月9日に相模大野駅、11日に橋本駅周辺で配布された。配布活動に参加した同大児童福祉学科の藤沢果穂さん(2年)は、「(街頭では)比較的年配の方が足を止めてくださった。若い方にも興味を持っていただき、このオレンジリボン活動が広がっていけば嬉しい」と話していた。

 さらに、ウェルネスさがみはらや南保健福祉センター(相模大野)では、11月30日(月)まで児童虐待防止に関するパネル展示やのぼり旗が掲示されている。

啓発物を配布する学生ら(9日、相模大野)
啓発物を配布する学生ら(9日、相模大野)

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

サインシールを作成

NPO法人相模原アレルギーの会

サインシールを作成 社会

会員以外にも無料で配布

1月28日号

27施設の廃止など検討

市行財政改革案

27施設の廃止など検討 文化

歳出超過の解消へ

1月28日号

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク