さがみはら南区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

障がい児でチアチーム 全国で演技披露目指す

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena
企画書を手にする多田代表
企画書を手にする多田代表

 障がいのある子ども達でチアリーディングチームを結成し、2017年の全国大会で演技披露を目指すプロジェクトがこのほど始動した。立ち上げたのは南区相模大野に事務所を構えるNPO法人スピッツェンパフォーマンス(多田(ただ)久剛(ひさよし)代表理事)だ。

 同法人はトレーニングを通した社会貢献を目指し、2013年に設立。ドイツのトレーニング科学を取り入れた「スクール運営」と、企業や大学などへの「トレーナー派遣」が主な事業となっている。

 その一環としてチアリーディング日本代表チームのトレーナーを務める多田代表がアメリカでの世界選手権大会に帯同した際、障がいのある子ども達のチアリーディングチームが参加しているのを観戦。生き生きとした表情で踊る彼らの姿に感銘を受け、「日本でもこの感動を伝えたい」とプロジェクトを企画した。

 まず行ったのが、障がい者を指導できるインストラクターの確保。これは、チアリーディング協会と障がいに詳しい市内の医師・理学療法士の協力により、目途がついた。今は活動資金と練習会場の確保が大きな問題。クラウドファンディングサイト「READYFOR?」などを活用し資金集めを行っている。

 参加者の募集は市内在住者を対象に来年1月からの予定。年齢・性別・障がいの種類に関わらず20人ほどになるという。問合せはNPO法人スピッツェンパフォーマンス【電話】042・702・9439へ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

サインシールを作成

NPO法人相模原アレルギーの会

サインシールを作成 社会

会員以外にも無料で配布

1月28日号

27施設の廃止など検討

市行財政改革案

27施設の廃止など検討 文化

歳出超過の解消へ

1月28日号

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク