さがみはら南区版 掲載号:2015年12月10日号 エリアトップへ

相模原に障がい者の自立支援をするヘアサロンを立ち上げた 浅川 雅之さん 大野台在住 58歳

掲載号:2015年12月10日号

  • LINE
  • hatena

障がい技術者の自立促す

 ○…耳に障がいをもったろう者と健常のスタイリストが共に働き、自立支援しながら高い理美容技術を提供するヘアサロン「ルピナスヘアー」をこのほど立ち上げた。これまでのボランティア活動で培った人脈、協力者からの様々な支援を受け、出店にこぎつけた。理美容業界で成功を夢見る障がいを持つ人たちが店を通じて活躍し、将来的に独立を促す場づくりをめざす。

 〇…東京・品川生まれ。幼少の頃に高熱を出し、耳が不自由になった。難聴学級が小学校になかったため、ろう学校に通う予定だったが、母親が都に嘆願書を提出し、願い叶って難聴学級の設立が実現。小学校に進学した。当時の担任教諭から「手に職をつければ障がいに関係なく、社会でやっていける」と薫陶を受けたことや理美容業界で働く母親の影響から、同じ道を歩むことに。それから30年以上が経つ。「すべてはお客様に喜んでもらうためにやってきたよ」と振り返る。

 〇…中学時代から相模原に移り住む。現在は母親、妻との3人暮らし。普段は「多忙で無趣味だよ」としつつも、娘、息子とも近くに住んでいるため、休日には時々5人の孫なども含む10人以上で食事に出かけることもあり、これが息抜きに。年明けは親戚など約20人を迎えて賑やかに新年会。料理の腕も振るい、煮込みや山形いも煮も作る。「人が集まることが好きなんだね」。知り合い、家族が大集合の正月ともなると、得意の趣味が顔を出す。

 〇…今後は障がいを持つ理美容師たちの経験を蓄積しつつ、雇用の場を拡大させる目的で高齢者施設などへのスタッフの出張サービス展開も視野に入れている。そのためにも、障がい、健常にかかわらず、質の高いサービスで顧客に認めてもらうことに重点を置く。「魅力ある、人が付いてくるスタッフづくりにさらに力を入れたい」と気合十分。障がいをハンディにしないビジネスモデルづくりへ。挑戦は始まったばかりだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

草野 佑太さん

1月に発足したバスケットボールチーム「相模原プロセス」の代表を務める

草野 佑太さん

相模大野在住 23歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク