さがみはら南区版 掲載号:2015年12月10日号 エリアトップへ

南台キッチン唯利 「温かいご飯 囲もう」 南区でこども食堂の輪

社会

掲載号:2015年12月10日号

  • LINE
  • hatena
オーナーの高木利枝さん。こども食堂当日はワンプレートにご飯と味噌汁がつく※メニュー内容はイメージ
オーナーの高木利枝さん。こども食堂当日はワンプレートにご飯と味噌汁がつく※メニュー内容はイメージ

 「みんなでワイワイごはんが食べられる場所を提供したい――」。今、NPOや民間事業者、ボランティアらが主体となって全国各地で広がりをみせる「こども食堂」。この取組みが南区相模台の『キッチン唯利(ゆり)』=下写真=で12月20日(日)に初開催されることとなった。

 こども食堂とは、家庭の事情で食事の栄養が偏ったり、一人で食事を摂ることが多い子ども等を対象に、低価格、または無料で栄養ある食事を提供しようという取組み。社会全体で子どもの食生活や地域との繋がりを支えていこうとする考え方が根底にある。

 近年では全国的に広がりをみせ、行政や地域単位でもこの取組み自体を支え広めていこうとする動きが加速している。

 『キッチン唯利』のオーナーである高木利枝(としえ)さんも賛同者の一人。同店を今年6月に開店して半年と経たない11月初旬、常連客の話から「こども食堂」の取組みを知った。そして「子どもたちの力になれるのならうちでもやりたい」と、約1カ月後の日曜日に開催することを即決したという。「こういうものは時間をかけて悩んでいてもしょうがないでしょ。まずは一回やってみてから、ね」と笑う。

 同店は、ランチやディナーの時間帯を中心に、肉、魚などに野菜や小鉢など一品ものがついた定食が定番で、まさに”うちのごはん”が食べられる食堂だ。「野菜や卵なども新鮮で旬なものを使い、からだにやさしいご飯作りを心がけています」と高木さん。

詳細は店頭へ

 第1回となる「こども食堂」の開催日時は、12月20日(日)の午後5時〜7時。予約不要。初回のメニューは卵を使ったワンプレートを考えているという。「うちのお店は”うちのごはん”がコンセプトだから、温かいご飯とお味噌汁はたくさんあるからね」と高木さん。来年からも第2回、3回と月に一度を目途に継続していきたいとしている。

 当日の料金や内容など「こども食堂」に関する詳細は、同店店頭の掲示を参照とのこと(南区南台6の17の18/サウザンロード、相模台まちづくりセンター向かい)。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「相模原から夢の舞台へ」

ダンス&ボーカルTHE SAVAGE

「相模原から夢の舞台へ」 文化

10日に初アルバム刊行

3月4日号

SC経営 DeNAが参画

SC経営 DeNAが参画 スポーツ

地域振興に向けタッグ

3月4日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

飲食店応援に「メシチケ」

飲食店応援に「メシチケ」 経済

区独自 3月5日まで販売

2月25日号

大賞受賞店が決定

コロナに負けないお店大賞

大賞受賞店が決定 経済

投票数は4万件超え

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 3月4日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク