さがみはら南区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

「隙間の悩み 解決します」 大野中にボラセン開設

社会

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 大野中地区社会福祉協議会(伊藤重俊会長)が4月1日、地域内の高齢者の困りごとを解決するため「おおのなかボランティアセンター」を古淵3の9の24に開設した。地域住民らで結成されたスタッフは「行政や社会保障制度の隙間を埋めるお手伝いをしたい」と話している。

 相模原市では、地域住民が「地域の困りごと」を発見・共有し、解決にむけた仕組みづくりを検討・実践するため、2006年度から「福祉コミュニティ形成事業」を進めてきた。現在、市内18地区で地域の課題に合わせて、「見守り活動」や「交流・仲間づくりの場の創設」など、地域に必要な取組みが行われている。

 大野中地区では2013年度から地区社協や自治会、商店会、民生委員らで福祉推進会議を結成。高齢者や子育て世代を対象にした交流の場はあったため、高齢者が困りごとを相談できるボランティアセンターの開設を目指してきた。

 スタッフを募るため、2014年から3回にわたりボランティア講座を開催。4月1日現在で市内外の21人が登録している。

 開設日は毎週火曜と金曜の午前10時から午後1時。すでに通院への付添いを望む相談が入っているという。「すべてに応えられる訳ではないが、まずは何でも相談してほしい。ボランティアスタッフも募集しています」と伊藤会長。問合せは大野中地区社協事務局042・741・6695へ。平日午前9時〜午後5時受付。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「12歳の想い」が動画に

大野南中田神咲音さん

「12歳の想い」が動画に 社会

子どもたちの現状を作詞

10月28日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

10月28日号

巨人から4位指名

東海大相模石田隼都投手

巨人から4位指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議

10月21日号

地域に貢献 「見える形」で

地域に貢献 「見える形」で 社会

上鶴間高が社協に寄付

10月21日号

自民立民 一騎打ちの様相

自民立民 一騎打ちの様相 政治

衆院選 神奈川14・16区

10月14日号

禅寺ライブ続け30年

常福寺(新戸)

禅寺ライブ続け30年 文化

「感じる力」培う

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook