さがみはら南区版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

「隙間の悩み 解決します」 大野中にボラセン開設

社会

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 大野中地区社会福祉協議会(伊藤重俊会長)が4月1日、地域内の高齢者の困りごとを解決するため「おおのなかボランティアセンター」を古淵3の9の24に開設した。地域住民らで結成されたスタッフは「行政や社会保障制度の隙間を埋めるお手伝いをしたい」と話している。

 相模原市では、地域住民が「地域の困りごと」を発見・共有し、解決にむけた仕組みづくりを検討・実践するため、2006年度から「福祉コミュニティ形成事業」を進めてきた。現在、市内18地区で地域の課題に合わせて、「見守り活動」や「交流・仲間づくりの場の創設」など、地域に必要な取組みが行われている。

 大野中地区では2013年度から地区社協や自治会、商店会、民生委員らで福祉推進会議を結成。高齢者や子育て世代を対象にした交流の場はあったため、高齢者が困りごとを相談できるボランティアセンターの開設を目指してきた。

 スタッフを募るため、2014年から3回にわたりボランティア講座を開催。4月1日現在で市内外の21人が登録している。

 開設日は毎週火曜と金曜の午前10時から午後1時。すでに通院への付添いを望む相談が入っているという。「すべてに応えられる訳ではないが、まずは何でも相談してほしい。ボランティアスタッフも募集しています」と伊藤会長。問合せは大野中地区社協事務局042・741・6695へ。平日午前9時〜午後5時受付。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

トップ選手が市内を疾走

6月3日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter