さがみはら南区版 掲載号:2016年5月12日号 エリアトップへ

大凧まつり 「福風」高らかに 題字考案・峰尾さん「うれしい」

文化

掲載号:2016年5月12日号

  • LINE
  • hatena
3日の式典で加山俊夫市長から手渡された記念色紙を持って=6日、相模の大凧センター
3日の式典で加山俊夫市長から手渡された記念色紙を持って=6日、相模の大凧センター

 5月4日、5日に相模川新磯地区河川敷で行われ、延べ17万人の人出で賑わった『相模の大凧まつり』。特に初日の4日は4会場(新戸・勝坂・下磯部・上磯部)とも風に恵まれ、「福風」と書かれた大凧が高々と皐月の空に揚がった。最長滞空は下磯部の6間凧(10・8m四方)の1時間4分。4会場中で最も大きい新戸の8間凧(14・5m四方)は32分間揚がった。5日は風が弱く、上磯部の4分(4間凧)が最長だった。

「伝統続いて欲しい」

 今年の題字の考案者は、新磯小学校6年の峰尾日菜花(ひなか)さん(12)=写真。5、6年生全員が題字を考え応募する同校の取り組みの中で「一番初めに頭に浮かんだ」言葉だった。「自分や友達、家族だけでなく、世界中の人が幸福になるように」という思いを込めた。小学生が考えた題字が選ばれたのは今回初めてという。

 4月初旬には、新戸会場で揚げられる8間凧の題字書きを相模の大凧センターで見学した峰尾さん。「大きくてやっぱり日本一はすごい。名人の書く凧字は堂々としていて、赤と緑に文字が塗られると、太くはっきりしてきてきれいだった」と感動を表した。

 新戸会場を訪れた5日は残念ながら凧が雄大に空を舞う姿は見られなかったが、4日の様子を友達が写真に撮って見せてくれた。「自分の考えた題字が揚がってうれしかった」と峰尾さんは照れ笑いを見せながら、「伝統が長く続くよう、できることで協力したい。未来の子どもたちにも、自分たちと同じように大凧を誇る気持ちを持ってもらいたい」と目を輝かせた。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

俳句雑誌「星時計」を創刊

南台在住大元祐子さん

俳句雑誌「星時計」を創刊 文化

市民ら70人が投句

10月22日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月22日号

小野選手が3000mでV

相模原中等校3年

小野選手が3000mでV スポーツ

中学陸上県大会の頂点に

10月15日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

「マスクの下はこんな顔」

相模台商店街

「マスクの下はこんな顔」 コミュニティ社会

素顔のポスター 準備中

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク