さがみはら南区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

今年4月に相模原商工会議所女性会の会長に就任した 本間 セツさん 上鶴間在住 68歳

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

「粘りの気質」で繋がり作る

 ○…市内商工業者の交流・研鑽の場である商工会議所の活動に、女性の視野をもって寄与する女性会。その6代目会長に就任した。「『繋がりそして輝く』をモットーに、事業者、行政、地域団体などと連携して力を高めていきたい」。穏やかな口調の中に強い意志が垣間見える。大企業の進出で個人事業の影が薄れている世の風潮から、中小企業の隆盛が経済活性の鍵とし、「商議所がそれを支える力になる」と使命感を抱く。

 ○…(株)ホンマ電機の専務として会社の事務全般をまとめる。起業から40年あまり、創業者である夫と苦楽をともにしてきた。「小切手の扱い方も何もわからず、よくここまでやってきた」と二人三脚での日々を振り返る。女性会に入会した10年前と時をほぼ同じくして、奉仕団体・国際ソロプチミスト相模に入会。そこでは、社外での出会いや交流を育み、現在は2度目となる会長職を務めている。

 ○…山形県鶴岡市(旧温海町(あつみまち))生まれ。のどかな田舎の景色が原風景だ。青山学院大学入学を機に上京。のちに北里大学医学図書館でのアルバイトをきっかけに相模原へ移住した。小中学校の同窓生だった夫・俊三氏が転居先近くに住んでおり、同郷の縁に導かれ25歳で結婚。半年後、夫が独立に向け会社を辞めると、1年間は自身が家計を支え、起業後は内助の功で事業を膨らませていった。

 ○…日本舞踊は花柳流師範、茶道は大日本茶道学会教授。ともに35年近く嗜んでいる。一度物事を始めたら極めるまで続けるタイプ。「いつかやめる時はくるのだから、自分からやめようとは思わない。継続は力なりの精神です」とにっこり。今年45周年を迎える女性会。自身の役目は「50周年に向け存在をより強固に、会員が誇れる会にしていく」こと。人が好きで、特定の色に染まることなく誰とでも親交を深められる性格と、「郷里・山形の粘り強い気質」で、会員28人を先導する。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

平野 和夫さん

NPO法人相模原こもれびの理事長に就任した

平野 和夫さん

中央区在住 63歳

4月22日号

山角 直史さん

無料学習支援塾「おひさま」の代表を務める

山角 直史さん

東京都在住 28歳

4月15日号

能勢 光さん

相武台団地商店街に開所した認知症対応型デイサービスの管理者を務める

能勢 光さん

中央区陽光台在住 37歳

4月8日号

米田 勝さん

新磯地域を案内する「新磯コンシェルジュ」の代表を務める

米田 勝さん

新磯在住 77歳

4月1日号

池田 宗道さん(本名:池田直道)

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の

池田 宗道さん(本名:池田直道)

豊町在住 75歳

3月11日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

3月4日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter