さがみはら南区版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 「発達障害...個性か障害か」 新百合ヶ丘総合病院

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena
小児科 山本敬一部長
小児科 山本敬一部長

 「落ち着きがない」「凝り性」「友⼈がいない」・・・。以前はどこにでもいた子どもが、現代では発達障害と診断されることがあります。小学校入学前の就学健診で「じっとしていられない」「指示に従えない」といった幼児は発達障害を疑われ、専門医の受診を勧められます。小児科医として多くの子どもたちを⾒てきた私には、「発達障害」という言葉が一人歩きしている気がしています。大人でも得⼿、不得⼿があり個性があるように、子どもにも得⼿、不得⼿、個性があります。どこまでを個性、どこからが発達障害かを診断することは極めて困難です。発達障害と疑われたときは、⼀⽅的な⾒⽅だけでなく、かかりつけの⼩児科医、幼・保育園関係者からご近所の⽅まで、より多くの⽅に印象を尋ねてみることが重要です。
 

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

119

金城理事長の徒然話【15】

119

5月19日号

神奈川県 第1位の葬儀社に

グーグル クチコミ

神奈川県 第1位の葬儀社に

株式会社永田屋

5月19日号

地元の美味しいをお届け

地産地消で安全・新鮮・本物の味

地元の美味しいをお届け

お得な1000円「お試しセット」

5月19日号

セキュリティスタッフを募集

グローバル企業の安心・安全を守る

セキュリティスタッフを募集

5月19日号

初めてのエンディングノート

一から書き方が分かる

初めてのエンディングノート

書き方のポイント・コツを解説

5月12日号

運動はからだの万能薬

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

運動はからだの万能薬

三成会 新百合ヶ丘総合病院

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook