さがみはら南区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

相模原中等Cギター部 2年連続日本一に 大編成武器に 同部初の連覇

教育

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
文化祭で演奏を披露=17日
文化祭で演奏を披露=17日

 県立相模原中等教育学校(相模大野)のクラシックギター部(青木瑞穂顧問)が、今年8月に横浜市で行われた全国学校ギター合奏コンクール2016(ジャパン・ギター・アソシエーション主催)で最優秀賞に選ばれ、2年連続日本一の栄誉に輝いた。

 学生ギタリストらに一流のホールでの演奏という「最高の音楽体験を提供する」ことをコンセプトに、毎年行われている同コンクール。同部は、1年(中1)から5年生(高2)までの100人近い大編成から生み出される迫力ある音響と、その中でも個々が調和した演奏が審査員から高い評価を受けた。前身の相模大野高校時代に3度の最優秀賞に輝いている同部も連覇は過去になく、部長の山羽久美子さん(5年生)は昨年の受賞時の心境を「喜ぶというよりも、来年どうしようという不安が先立った」と振り返り、「今年受賞できてほっとした。後輩たちも頑張ってくれた」と語る。

 2009年度に中高一貫校として開校し、相模大野高から引き継がれた同部。指導はOGである荒井聡美さん(47)が、30年近く続ける。「先輩が後輩を教えるという形がしっかりできているので、基本的に練習は生徒任せ」。ただその中で、常々生徒には「鳥肌の立つ演奏をしよう」と言い聞かせているのだという。

 9月17日に行われた同校文化祭(蒼碧祭)では、同部の演奏を聴くために、会場の体育館には約700人もの観客が詰めかけた。

 来年4月23日(日)の定期演奏会(相模女子大学グリーンホール)に向け、今後も日本一の演奏に磨きをかける。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

ピンク色のバッタを発見

桜台小池田朔君

ピンク色のバッタを発見 社会

色彩変異が原因か

5月28日号

コロナ対策、補正予算33億

相模原市

コロナ対策、補正予算33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

「逆境に負けないために」

「逆境に負けないために」 社会

「さがプロ」がウェブで講座

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 政治

早くて5月下旬に振込

5月14日号

「誇れる街」の実現へ

「誇れる街」の実現へ 政治

新設された「市長公室」とは

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク