さがみはら南区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

感染性胃腸炎 3年ぶり「警報レベル」に

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は7日、市内の感染性胃腸炎の報告数が、国立感染症研究所が定める「警報レベル」である20人を超えたと発表した。

 市疾病対策課によると、第48週(11月28日〜12月4日)に市内に30カ所設置された定点医療機関において、1カ所当たり20・30人の報告があった。「警報レベル」を超えたのは2013年の第50週(12月9日〜15日)以来、3年ぶり。

 感染性胃腸炎とは、主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称。1年を通じて発生は見られるが、11月くらいから発生件数は増加し始め、12月頃にピークを迎える。同課では「今年は例年よりピークが早い。食事の前やトイレの後などに手洗いを徹底し、感染の予防に努めてほしい」と話している。

学級閉鎖も

 相模原市立若松小学校では感染性胃腸炎様症状により、学級閉鎖も起きている。閉鎖期間は12月6日から7日。前日5日に2年1組の生徒26人中、9人が欠席し、そのうち8人がおう吐や下痢などの症状だった。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

職域接種 7月開始へ

県宅建協会

職域接種 7月開始へ 社会

会員、職員ら3千人想定

6月24日号

地域課題解決のヒントに

地域課題解決のヒントに 社会

市社協らが冊子発行

6月24日号

ロゴ、エンブレムを刷新

ノジマステラ神奈川相模原

ロゴ、エンブレムを刷新 スポーツ

節目のシーズンに

6月24日号

SC、ヴェルディに敗れる

サッカーJ2

SC、ヴェルディに敗れる スポーツ

6連敗で浮上ならず

6月24日号

川柳募集

川柳募集 文化

6月24日号

「共同体」を考える

「共同体」を考える 教育

20日 相模大野でセミナー

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter