さがみはら南区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート【2】 「漢方内科」について 取材協力/石田和之医師

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
石田和之医師
石田和之医師

 団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上に達する2025年問題などに備え、「未病の改善」は大きな注目を集めている。

 そこで今回は未病に詳しい座間総合病院の漢方内科医・石田和之医師に話を聞いた。

――「未病」とは

 「すっきりとしない、体がだるいなど、不快な症状があるにもかかわらず、西洋医学の検査では明らかな異常が見つからない状態を漢方医学では『未病』といいます。未病は体が発する一種の警告反応のことを指します。中国の古い医学書に『聖人は已病(既病)を治さず未病を治す』という記述があるのですが、名医は症状が出てしまってから病気を治すのではなく、まだ病気としての症状がはっきりとは出ていない段階で病気にならないように治療するものという意味で記されています。東洋医学では古くから、未病の治療が重要と考えられています」

――漢方内科の役割は

 「未病などの西洋医学では解決できない問題がおきた時に、『頼みの綱』となるのが漢方内科です。漢方は伝統的総合診療科として、さまざまな症状・疾患に対応しています。同じ症状であっても、年齢や性別、体質など、その人に合った漢方薬を選び、治療にあたります」

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(座間総合病院)

座間市相武台1-50-1

TEL:046-251-1311

http://zama.jinai.jp/

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6

はじめよう”パンづくり”

初心者も歓迎 ワンコイン体験実施中

はじめよう”パンづくり”

「keikoのパン教室」生徒募集

1月16日号

全品最大50%引き

全品最大50%引き

第24回新春お年玉大バーゲン 1月11日(土)・12日(日)

1月9日号

未来を切り拓く飽くなき探求

新春スペシャル対談

未来を切り拓く飽くなき探求

1月9日号

難聴(聞こえの異常)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

難聴(聞こえの異常)

新百合ヶ丘総合病院

1月9日号

LINEで断水情報等を発信

LINEで断水情報等を発信

災害に備え県が登録呼び掛け

1月9日号

30分ボーカル無料体験

大好評

30分ボーカル無料体験

「USボーカル教室」相模大野駅前校

1月9日号

今こそ大学に期待される教育は

理事長挨拶

今こそ大学に期待される教育は

学校法人相模女子大学 理事長 佐々木 勝洋

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク