さがみはら南区版 掲載号:2017年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

ノジマステラ神奈川相模原 “優勝”見据え、志高く 新体制を発表 5人が新加入

スポーツ

(後列左から)池上菜央、國武愛美、臼井理恵、(前列左から)田中里穂、北方沙映の各選手
(後列左から)池上菜央、國武愛美、臼井理恵、(前列左から)田中里穂、北方沙映の各選手
 女子サッカー・なでしこリーグ1部に今季から参戦するノジマステラ神奈川相模原は3日、本拠地のクラブハウス(新戸)で、2017シーズンの新体制発表記者会見を行った。

 会見には山内渉(わたる)代表、菅野将晃(かんのまさあき)ゼネラルマネージャー兼監督に加え、臼井理恵、國武愛美、北方沙映、池上菜央、田中里穂の新加入5選手が登場。山内代表は冒頭、「優勝を含めた5位以内が目標。生易しいものではないが、選手のポテンシャルを考えれば不可能ではない」と、設立以来掲げる「高い目標への挑戦」というチームのコンセプトを、あらためて示した。

 菅野監督も「やるからには優勝という目標に向かって戦っていきたい」としながら、1部でステラの掲げる「ボールを回す美しいサッカー」を体現するために「速さ、強さ、高さという課題を克服したい」と、新シーズンの抱負を述べた。

 継続性を重視し、昨季のコーチ・スタッフ陣は全て留任。今季は2012年の創設以来最大となる、24選手で戦う。新加入選手について、菅野監督は「しっかりとした守備から攻撃、という点で、チームに必要な人材を補強した」と語った。

 また、オフには創設時からチームを支えた坂本珠梨選手、寺田玲子選手、河原崎希選手が退団。山内代表は「共に目標に向け苦労を重ねてきた仲間であり、寂しい限りではあるが、更なる成長を願っている」と、惜別の言葉を述べた。

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

国土交通大臣賞を受賞

相模女子大中学佐藤一葉さん

国土交通大臣賞を受賞

2月22日号

貧困対策、学力支援に重点

2018年度当初予算案

貧困対策、学力支援に重点

2月22日号

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

高齢者に録音機貸与

区内一般社団法人

高齢者に録音機貸与

2月15日号

「相模原からボート熱を」

南区在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

日本人初の快挙達成

ゴルファー山口すず夏さん

日本人初の快挙達成

2月8日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク