さがみはら南区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

相模女子大 地元でラジオ番組制作 エフエムさがみで放送

社会

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
収録にのぞむ相模女子大学の学生=9日、エフエムさがみ
収録にのぞむ相模女子大学の学生=9日、エフエムさがみ

 相模女子大学・メディア情報学科の学生5人が授業の一環でこのほど、ラジオ番組を制作。企画立案から収録、編集までを行い完成した30分番組が、今月末、地元のラジオ会社「(株)エフエムさがみ」の番組内で実際に放送される。

 この取組みは、同大メディア情報学科3年生を対象にした「地域社会とコミュニケーション」の授業として、地域メディアの役割や意味を学ぶ目的で今年度からスタート。履修した学生5人が昨年9月からラジオ番組の制作に着手した。

 初めに行ったテーマ決めでは、「地元で行っている朝市」や「相模原の散歩コース」など様々な案があがる中、「学生らしいもの、万人受けするもの」などの理由から今回は「学食」を取り上げることに。学食を一般に開放している周辺の大学に取材を申込み、淵野辺にキャンパスを構える青山学院大学に決定。5人は「出演チーム」と「録音チーム」に分かれて、取材、録音、編集を進めていった。

プロ目線でアドバイス

 授業を進めるにあたり昨年春、番組制作の指導や作品への講評をエフエムさがみに依頼。3回目の授業で講師として指導を仰ぎ、15回目の授業で作品に対しての講評をもらった。また2月9日には、現地収録分の前後のトークとして、同社社員が聞き手となり、今回制作に携わった高村知佳さん(写真手前)と小川絵里佳さん(写真奥)の2人が出演。制作した際の難しさや面白さ、今後の抱負などを語った。

 今回、番組制作のアドバイスにあたった同社の三上寛さんは、「導入部分や音の入れ方など構成が工夫されていて良かった」と評価する一方、「ラジオはイメージの世界。イメージは無限なので、その場の臨場感を出せるよう、より具体的な言葉で表現できると良いのでは」と講評していた。

 放送は、2月24日(金)午後7時から「ラジオホール839」の中で。また、26日(日)の午後11時からも再放送される。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「パートナー制度」導入へ

相模原市

「パートナー制度」導入へ 社会

性的少数者への理解促進

3月26日号

新型コロナ対策に1億円

市3月補正予算

新型コロナ対策に1億円 社会

PCR検査拡充など想定

3月26日号

記念ロゴマーク完成

南区誕生10周年

記念ロゴマーク完成 社会

女子美・山田さんデザイン

3月19日号

市にマスク2,000枚

市にマスク2,000枚 社会

相模女子大学が寄贈

3月19日号

青陵高校 最後の卒業式

青陵高校 最後の卒業式 教育

10年の歴史に幕

3月12日号

民間発 広がる支援の輪

新型コロナ

民間発 広がる支援の輪 社会

市内企業が独自対策

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク