さがみはら南区版 掲載号:2017年3月9日号 エリアトップへ

始まりは町の小料理屋 「SC誕生の地」で聞く

スポーツ

掲載号:2017年3月9日号

  • LINE
  • hatena
2代目店主の山口さん(望月氏がよく利用していた座敷で)
2代目店主の山口さん(望月氏がよく利用していた座敷で)

 相模原駅そばの閑静な住宅街に佇む海鮮居酒屋「築地 山加(やまか)」。SC相模原の物語は、ここから始まった。

 遡ること10年前、現在SC相模原の代表を務める望月重良氏が、知人と同店を訪れた際のこと。居酒屋談義に花を咲かす中、店主から「相模原にプロのサッカーチームを作ってくれないか」と話を受けた。

 山加の2代目店主は、大のサッカー好きである山口篤史さん(41)。その当時をこう振り返る。「サッカーの日本代表なんて普通は来ない。冗談ではなく、本気で思いをぶつけました」。相模原にも応援できる地元のクラブが欲しい、そう願う山口さんの一言から、話はどんどんと進んでいった。「今考えると、怖いことを簡単に言ってしまったなと。ただ、望月さんにはやれそうな、何かを持っている雰囲気を感じたんです」(山口さん)

 その後、望月氏は2008年にSC相模原を創設。県社会人リーグ3部から始まり、現在はJの舞台に戦いの場を置く。「県リーグから、少しずつみんなが認知してくれるようになってきたと思いますね。けど、SCにはもっともっと期待したいですけどね」

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

春の叙勲

春の叙勲 文化

南区

5月19日号

医療従事者を支援

市スポーツ協会、ゴルフ協会

医療従事者を支援 社会

市民ゴルフ大会で寄付呼びかけ

5月19日号

SDGsで地域課題解決

地域づくり大学特別公開講座

SDGsで地域課題解決 教育

21日(土) ユニコムプラザ入場無料

5月19日号

リーグ最終戦はクラシコ

ノジマステラ

リーグ最終戦はクラシコ スポーツ

22日、ホームイベント豊富

5月19日号

「一員」として頑張る

SC相模原ボランティアスタッフ紹介【1】

「一員」として頑張る スポーツ

緑区三ケ木在住・三樹知美さん

5月12日号

参加者にけん玉プレゼント

参加者にけん玉プレゼント 社会

5月14日(土) 「けやきロック」

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook