さがみはら南区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

相模原市ファミサポ 4月から会費を無料化 市「利用促進の一助に」

社会

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市では、地域において育児の手助けを受けたい人(利用会員)と行いたい人(援助会員)を結び付け、相互に援助する有償事業「相模原市ファミリーサポートセンター」を、市社会福祉協議会に委託して実施している。同事業をさらに広く市民に利用してもらうため、市はこれまで利用会員、援助会員ともに課していた会費(月額100円)を、この4月から無料化することを決めた。

 この事業は1994年度に国の補助事業としてスタート。その後、交付金事業として全国展開され、相模原市でも2002年度から開始された。

 市では事業開始以降、利用会員、援助会員ともに年額1200円の会費を徴収してきたが、4月以降の無料化を決めた。市こども青少年課はその理由を「育児の負担や不安の解消に同事業を広く活用してもらうため」としている。またこれまで「生後3か月〜」だった利用会員の条件も「生後0か月〜」に引き下げる。これは、産後うつや出産間もない母親の孤立を防ぐのが狙いだという。

 支援の内容は、保育所・幼稚園への送迎やその後の預かり、話し相手など様々。センターが仲介して、利用会員、援助会員同士が事前に顔合わせを行い、両者が合意すれば契約が成立する。援助会員への謝礼は1時間700円からとなっている。

利用は登録制

 同事業を利用するにはファミリーサポートセンターへの会員登録が必要。会員の条件は、利用会員が生後0か月から小学校6年生以下の子どもを持つ人。援助会員が心身ともに健康な20歳以上の男女で、センターによる2日間の講習会を受講することが条件。また利用・援助を兼ねる両方会員もあり、全て市内在住・在勤・在学者が対象となる。同センター事務局によれば、3月17日現在で市内の登録会員は利用が852人、援助が652人、両方が32人。

 4月の入会説明会は6日に緑区合同庁舎、15日にあじさい会館、25日に南保健福祉センターで開催される。問合せは市ファミリーサポートセンター【電話】042・730・3885へ。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

グランドオープン内覧会&相談会

2月4日(金)まで あんしん倶楽部 特別入会キャンペーン開催中

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

パラグライダーで頂点

磯部在住多賀純一さん

パラグライダーで頂点 スポーツ

JHF日本ランク1位に

1月20日号

受賞店舗が決定

相模原お店大賞

受賞店舗が決定 経済

飲食部門大賞に「NOBU」

1月20日号

学生が企画「水族館展」

北里アクアリウムラボ

学生が企画「水族館展」 教育

開設10周年記念の特別展

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月13日号

「しまるん」で県知事賞

桜台小6年嘉手納杏果さん

「しまるん」で県知事賞 教育

青少年創意くふう展

1月6日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

「終活」なるほど教室開催中

介護福祉士による「介護施設の選び方」&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月23日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook