さがみはら南区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

相模原市ファミサポ 4月から会費を無料化 市「利用促進の一助に」

社会

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市では、地域において育児の手助けを受けたい人(利用会員)と行いたい人(援助会員)を結び付け、相互に援助する有償事業「相模原市ファミリーサポートセンター」を、市社会福祉協議会に委託して実施している。同事業をさらに広く市民に利用してもらうため、市はこれまで利用会員、援助会員ともに課していた会費(月額100円)を、この4月から無料化することを決めた。

 この事業は1994年度に国の補助事業としてスタート。その後、交付金事業として全国展開され、相模原市でも2002年度から開始された。

 市では事業開始以降、利用会員、援助会員ともに年額1200円の会費を徴収してきたが、4月以降の無料化を決めた。市こども青少年課はその理由を「育児の負担や不安の解消に同事業を広く活用してもらうため」としている。またこれまで「生後3か月〜」だった利用会員の条件も「生後0か月〜」に引き下げる。これは、産後うつや出産間もない母親の孤立を防ぐのが狙いだという。

 支援の内容は、保育所・幼稚園への送迎やその後の預かり、話し相手など様々。センターが仲介して、利用会員、援助会員同士が事前に顔合わせを行い、両者が合意すれば契約が成立する。援助会員への謝礼は1時間700円からとなっている。

利用は登録制

 同事業を利用するにはファミリーサポートセンターへの会員登録が必要。会員の条件は、利用会員が生後0か月から小学校6年生以下の子どもを持つ人。援助会員が心身ともに健康な20歳以上の男女で、センターによる2日間の講習会を受講することが条件。また利用・援助を兼ねる両方会員もあり、全て市内在住・在勤・在学者が対象となる。同センター事務局によれば、3月17日現在で市内の登録会員は利用が852人、援助が652人、両方が32人。

 4月の入会説明会は6日に緑区合同庁舎、15日にあじさい会館、25日に南保健福祉センターで開催される。問合せは市ファミリーサポートセンター【電話】042・730・3885へ。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

罰則強化で事故減へ

携帯電話等「ながら」運転

罰則強化で事故減へ 社会

1日から道交法改正

12月5日号

スケボー五輪代表に前進

光明相模原白井空良さん

スケボー五輪代表に前進 スポーツ

ブラジルの大会で優勝

12月5日号

団地再生へ新たな一手

ユソーレ相武台

団地再生へ新たな一手 社会

多世代交流の拠点に

11月28日号

夢の「全豪切符」獲得

光明相模原松田絵理香さん

夢の「全豪切符」獲得 スポーツ

アジアの強豪破り優勝

11月28日号

「口の衰え」予防へ全力

相模台地区

「口の衰え」予防へ全力 社会

高齢者向けに啓発活動

11月21日号

災害復興に応急対応

相模原市12月補正予算

災害復興に応急対応 政治

一般会計、54億円計上

11月21日号

握り鮨 届け続けて50年

握り鮨 届け続けて50年 社会

鮨商組合に県から感謝状

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク