さがみはら南区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

(有)ヤギ・リカーズ 桜支援の焼酎発売 1本購入で100円を寄付

経済

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena
3月20日から販売されている
3月20日から販売されている

 相模原市のシンボルツリーとも言える桜の樹を守るため、永続的な支援をしようと南区古淵の(有)ヤギ・リカーズが「サクラサク サガミハラ」と名付けた本格焼酎を開発した。3月20日から販売され、1本購入するごとに100円が市内にある桜の点検や補植などの維持管理費として、相模原市に寄付される。

 同社の八木健芳専務取締役は昨年、市内の桜の多くが樹齢50年を超え、腐朽や倒木の問題を抱えていることを知った。土木課などにも聞き取りを行うと、予算の問題で整備が進んでいない状況も知ることができた。そこで「永続的な支援のために、酒屋である自分に何が出来るか」を考えた結果、桜をイメージした焼酎を開発し、売り上げを寄付していくことを思いついた。

 昨年12月から商品開発をスタート。製造は震災で経済的に被害を受けた熊本県の(株)堤酒造に依頼した。そしてこのほど、2種類の「サクラサク サガミハラ」が完成。裏ラベルには市シティセールス・親善交流課の協力も得て、市マスコットキャラクター「さがみん」も登場している。さくら色ラベル=写真左=が芋焼酎、あお色ラベル=写真右=が麦焼酎、どちらも720ミリリットルで1650円(税抜)。同店のホームページから購入が可能だ。「芋は優雅な桜を彷彿とさせる香り、麦は軽やかな飲み口が特徴です。桜の問題を支援することで、郷土に対する愛情も持ってもらえたら」と八木専務。問合せは同店【電話】042・756・5230へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

地域で取り組む「介護予防」

地域で取り組む「介護予防」 社会

住民主体で冊子を作成

12月3日号

昨年同時期と比べ31人増

市内自殺者

昨年同時期と比べ31人増 社会

減少傾向から一転

12月3日号

立民が長友県議擁立へ

次期衆院選県第14区

立民が長友県議擁立へ 政治

 選定難航も目途

11月26日号

コロナ対策に22億円

相模原市12月補正予算案

コロナ対策に22億円 政治

経済活性化など4つの柱

11月26日号

相模原をバスケの聖地へ

1月発足プロセス

相模原をバスケの聖地へ スポーツ

トップリーグ参入めざす

11月19日号

全国花のまちコンで入選

南大野自治会

全国花のまちコンで入選 社会

県内で唯一の受賞

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市の魅力を再発見・新発見

市の魅力を再発見・新発見

シンポジウム参加者募集

1月15日~1月15日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク