さがみはら南区版 掲載号:2017年3月30日号 エリアトップへ

市社協 子ども食堂など支援 基金新設 事業費を助成

社会

掲載号:2017年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市社会福祉協議会は4月から、福祉的な課題を抱える子どもの支援活動を行う団体へ事業経費を助成する「子ども健やか育成事業」を開始する。また、その財源として「子ども健やか育成基金」も新設する。 

 新設される「子ども健やか育成基金」は、寄付金を財源とする特定目的基金。その基金を活用して、福祉的な課題を抱える子どもを対象に「居場所づくり」等を通じた支援活動を行う団体へ、事業経費を助成する。例えば、市内で広がりを見せる無料または低額で実施される食事支援(子ども食堂)や学習支援(無料塾)等の事業経費、資機材の購入費などに充てることができる。

 助成の対象となるのはNPO法人、ボランティアグループ、社会福祉法人などの非営利活動法人。活動の実績は問わず、これから始める団体も申請できる。

 助成金額は立ち上げ経費の場合1団体10万円(該当事業開始後2年未満)。運営費としては月2回以上開催の場合1団体につき年額40万円、月2回未満開催の場合は年額30万円が上限となる。

 応募は4月から市社協総務課窓口で配布される所定の応募用紙に、事業計画案や予算など必要事項を記入して5月12日(金)までに提出する。応募用紙は市社協のホームページからダウンロードも可能だ。応募のあった団体に市社協が面談、ヒアリングを実施した上で、助成の成否を決定する。

 将来的には助成した団体をホームページなどで公表し、市内で子どもの育成事業に関わる団体の紹介にもつなげていく予定だ。「新たに事業を始めたい団体や助成の対象になるかなど、まずは気軽に相談してください」と市社協職員。また、継続的な支援が目的のため、同基金への寄付金も募っていくという。「寄付を希望・検討する方にとっても、使途が明確な方が選択肢は広がると思います。金額は問いませんので、子どもたちの健やかな成長のために、お力添えをお願いしたい」とも話している。

 同基金、事業に関する問い合わせは市社協企画財政係(あじさい会館4階)【電話】042・730・3888へ。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

グランドオープン内覧会&相談会

2月4日(金)まで あんしん倶楽部 特別入会キャンペーン開催中

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

パラグライダーで頂点

磯部在住多賀純一さん

パラグライダーで頂点 スポーツ

JHF日本ランク1位に

1月20日号

受賞店舗が決定

相模原お店大賞

受賞店舗が決定 経済

飲食部門大賞に「NOBU」

1月20日号

学生が企画「水族館展」

北里アクアリウムラボ

学生が企画「水族館展」 教育

開設10周年記念の特別展

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月13日号

「しまるん」で県知事賞

桜台小6年嘉手納杏果さん

「しまるん」で県知事賞 教育

青少年創意くふう展

1月6日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

「終活」なるほど教室開催中

介護福祉士による「介護施設の選び方」&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月23日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook