さがみはら南区版 掲載号:2017年6月22日号 エリアトップへ

光明ソフト女子東海サッカー男子 悲願の初優勝 県の頂点として全国へ

スポーツ

掲載号:2017年6月22日号

  • LINE
  • hatena
優勝の賞状を手に笑顔の光明相模原女子ソフトボール部(上)と東海大相模男子サッカー部(下)
優勝の賞状を手に笑顔の光明相模原女子ソフトボール部(上)と東海大相模男子サッカー部(下)

 第55回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会が県内各地で開かれ、17日には光明相模原のソフトボール女子が決勝で厚木商に勝利。翌18日には東海大相模サッカー男子が日大藤沢との決勝を2-1で制し、ともに初優勝を果たした。

挑戦者の気持ちで 光明相模原

 光明相模原のソフトボール女子は17日、酒匂川スポーツ広場で行われた決勝で厚木商に6―3と快勝し、初優勝を果たした。

 同校は初回に3点を先制すると、3回以降も追加点を加えて最後まで攻めの姿勢を崩さず突き放し、県内屈指の強豪校の連覇を6で止めた。今春から指揮を執る利根川勇監督は「とにかく生徒が良く頑張った。最初から最後まで伸び伸びと力が出せた」と振り返り、宮川桃佳主将も「厚木商を倒すという目標からぶれずに、監督を信じてきた結果」と喜んだ。男子・女子のソフトボール部顧問を務める中嶋正教諭は、インターハイに向け「高いレベルの戦いになるが、県代表として自信を忘れず挑戦していきたい」と意気込みを語った。

 光明女子は、7月29日から8月2日に山形県白鷹町ソフトボール場で行われるインターハイに出場する。

区内2校が初優勝貪欲に頂点を目指す 東海大相模

 サッカー男子は県内から上位2校がインターハイに進めるため、17日の準決勝・湘南工大付属に勝利した時点で、初の全国出場を決めていた東海大相模。しかし、有馬信二監督は「ここまで来たら県王者になって全国に乗り込むぞ」と選手に喝を入れて、日大藤沢との決勝に臨んだ。

 ShonanBMWスタジアム平塚で行われた雨中の戦いは両校とも譲らず、前半を0-0で折り返す。後半に入っても一進一退の攻防が続いたが、後半23分に水越陽也主将がPKを決めて先制。36分に同点に追いつかれるも、ロスタイムに井上蔵馬選手が足をつりながらも豪快なシュートでネットを揺らした。その直後に試合終了の笛が吹かれると、選手は両手を突き上げて喜びを爆発させた。

 福岡県の強豪校でも指揮を執った有馬監督が赴任して今年で7年目。学校も人工芝グラウンドを整備するなど強化を後押ししてきた。選手たちの手で宙を舞った有馬監督は「嬉しすぎる勝利。全国一が目標なので、神奈川の代表として貪欲に頂点を獲りにいきたい」と笑顔を見せた。また180人の部員をまとめる水越主将は「全国では楽な試合は一つもない。いい雰囲気を作って、いつも通りの気持ちで乗り込みたい」と話し、決勝点を奪った井上選手は「(全国区の部活が数ある学校なので)肩身の狭い思いをしてきたが、これで地位が上がるかな」と笑った。同校は7月28日から8月4日に宮城県ユアテックスタジアム仙台ほかで行われるインターハイに出場する。

決勝ゴールを決めるなど、活躍を見せた井上蔵馬選手
決勝ゴールを決めるなど、活躍を見せた井上蔵馬選手

さがみはら南区版のトップニュース最新6

甲子園行きに貢献

鉾丸蒼太選手(横浜高校)

甲子園行きに貢献 スポーツ

俊足、巧打持ち味活かす

8月11日号

制服回収箱を庁舎に設置

制服回収箱を庁舎に設置 社会

想定査定額を市へ寄付

8月11日号

「晴れの日」をプレゼント

「晴れの日」をプレゼント 文化

市民団体が応援撮影会

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月4日号

3年ぶりに再始動

東林間阿波踊り

3年ぶりに再始動 文化

配信動画による視聴のみ

8月4日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中旬頃

7月28日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook