さがみはら南区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

ブラジル五輪代表 相模原で事前キャンプ 女子サッカーなど8競技

スポーツ

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
手を取り合う(左から)カルロス・ヌズマンBOC会長、竹田恆和JOC会長、加山俊夫市長
手を取り合う(左から)カルロス・ヌズマンBOC会長、竹田恆和JOC会長、加山俊夫市長

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックにおいて、ブラジル代表の事前キャンプ地に決定した相模原市は、25日に都内のホテルで同国オリンピック委員会(BOC)と施設利用に関する覚書を交わした。 覚書締結式には、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長、ブラジルオリンピック委員会のカルロス・ヌズマン会長、相模原市からは加山俊夫市長が出席。ヌズマン会長はキャンプ地の選定理由について「各競技団体のテクニカルディレクターが、候補地の施設、機材、そして安心感などを条件に、視察を重ねて決定した」と述べた。

 併せてキャンプを行う競技も発表され、相模原市はバドミントン、カヌースプリント、フェンシング、女子サッカー、競泳、シンクロナイズドスイミング、飛び込み、女子バレーボールの8競技となった。施設はさがみはらグリーンプール、相模原麻溝公園競技場、市立総合体育館などを使用する予定。事前キャンプに係る費用負担、使用施設や実施期間などは今後も協議を続け、2018年6月までに決定、最終協定書を結ぶ。 加山市長は覚書締結後、「職員らのおもてなしの気持ちが伝わり、大変うれしく思う。ブラジル選手団が東京オリンピックで活躍できるよう、全力でサポートしたい」と話した。また、飛び込み台など施設の一部改修はあるとしながらも、宿泊場所も含め、新たな施設を増やす予定はないことも明らかにした。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

ピンク色のバッタを発見

桜台小池田朔君

ピンク色のバッタを発見 社会

色彩変異が原因か

5月28日号

コロナ対策、補正予算33億

相模原市

コロナ対策、補正予算33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

「逆境に負けないために」

「逆境に負けないために」 社会

「さがプロ」がウェブで講座

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 政治

早くて5月下旬に振込

5月14日号

「誇れる街」の実現へ

「誇れる街」の実現へ 政治

新設された「市長公室」とは

5月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク