さがみはら南区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

「臨機ラリー」で命繋ぐ 南消防署で市民ら3人表彰

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
表彰された(前列左から)佐藤さん、山崎さん、吉川さん。後列左は秋山南消防署長
表彰された(前列左から)佐藤さん、山崎さん、吉川さん。後列左は秋山南消防署長

 市立総合体育館で5月、卓球中に卒倒した傷病者に対し救命処置行為を行った一般人3人に対して市消防局は10月5日、南消防署で感謝状の贈呈式を行った。

 5月20日の午前11時20分頃、市立総合体育館で卓球を楽しんでいたところ、「ドーンと大きな音がした」と語るのは佐藤和子さん(相模原市)。音の方向に目を向けると、仰向けに倒れている50代の男性がいた。佐藤さんはいち早く駆け寄り脈のない事を確認すると、心臓マッサージをはじめた。傷病者と知り合いで同じく卓球をしていた山崎徹さん(相模原市)は、救命処置を行う佐藤さんに代わって応対した。2年前に救命処置の講習を受けていたという山崎さんは「実際に心臓マッサージを人に対して行ったのは初めてで。どんなリズムだったかと思い出しながら必死にやった」と振り返る。別室にいた市立総合体育館職員・吉川秋生さん(座間市)は「倒れた人がいる」と聞くや否や救急車の要請を伝言。救命行為をする2人のもとへ駆けつけ、すでに運ばれてあったAEDを使用し、処置にあたった。

 傷病者が倒れてから救急車が到着するまでの間、救命処置を続けた3人。消防職員に引き継がれ、傷病者は一命をとりとめた。9月には卓球を再開できるまで回復しており、3人は「社会復帰されているようで大変嬉しい」と笑顔を見せた。

 この日感謝状を贈った秋山真男南消防署長は、「一生に一度あるかないかの事。生活している中で臨機に行動ができた皆さんは大変素晴らしい。改めて感謝申し上げます」と述べた。
 

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

理想は「完全な循環社会」

相模原市出身・冨永愛さんインタビュー(第3回) SDGs

理想は「完全な循環社会」 社会

1月14日号

相模原で学ぶ「人間力」

相模原で学ぶ「人間力」 経済

松下政経塾 坂田さん

1月14日号

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火は27日に実施予定

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 病院協会主催

1月14日号

J2昇格を市に報告

SC相模原

J2昇格を市に報告 スポーツ

富澤主将ら喜び語る

1月7日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク