さがみはら南区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

JOC主催 次晴先生が熱血授業 相模原中等教育学校で

教育

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
自身の経験を伝える荻原さん
自身の経験を伝える荻原さん

 オリンピック出場経験のあるアスリートが教師役となり、自身の様々な経験を通してオリンピックの精神や価値を伝える「オリンピック教室」が、10月3日と4日に県立相模原中等教育学校(相模大野)で行われた。市内での開催は初めて。

 (公財)日本オリンピック委員会(JOC)がオリンピック・ムーブメントの普及・啓発活動の一環として2011年度から実施しており、全国の中学2年生が対象となっている。

 10月4日の授業では、スキー・ノルディック複合で98年長野大会に出場した荻原次晴さんが来校し、2年D組とE組にそれぞれ運動と座学の授業を行った。

 運動の時間ではクラスを3班に分け、長縄の八の字跳びで回数を競った。作戦タイムでは運動の苦手な生徒に班員同士でアドバイスをする姿が見られ、生徒は「団結して皆で取り組めたのがよかった」と話した。荻原さんは「楽しんで。焦らないことが大事だよ」と笑顔で指導にあたっていた。

 座学の時間では、荻原さんが「オリンピックの価値」について熱弁。双子の兄・健司さんの活躍による葛藤を乗り越え、自身が長野大会に出場を果たした経験を伝えた。生徒達は各々が考えるオリンピック精神について話し合い、授業は終了となった。

 同校の大場誠教頭は「東京オリンピックの開催を前に、一人でも多くの生徒が興味・関心を持つきっかけになってくれれば」と話した。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

天皇杯、北九州に勝利

SC相模原

天皇杯、北九州に勝利 スポーツ

初出場で3回戦へ

6月17日号

SC相模原後援会が設立

SC相模原後援会が設立 スポーツ

会長に本村市長

6月17日号

救急活動 支え続けて

救急活動 支え続けて 社会

実働50年 アルミの弁当箱

6月17日号

永田屋が就職人気企業に

永田屋が就職人気企業に 経済

独自の取組みが評価

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月17日号

「共同体」を考える

「共同体」を考える 教育

20日 相模大野でセミナー

6月17日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter