さがみはら南区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

新イベント「相模まつり」 若者文化で相模原をPR 地元愛の醸成図る目的も

文化

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
ポスターを手にイベントをPRする平野さん
ポスターを手にイベントをPRする平野さん

 若者が参加する勢いのある催しで相模原を市外にPRしようと、アニメやゲームを中心とした市内では珍しい形の新イベント「さがみはら未来博 相模まつり」が11月11日(土) ・12日(日) 、南区の相模大野中央公園で開催される。主催は実行委員会・ユメカナプロジェクト(以下ユメカナ)。相模原市ほか後援。開催を通じて市民の「地元愛・誇り」を育み、市を盛り上げるねらいもある。

 主催するユメカナは、イベントなどで相模原を盛り上げるために今年8月に結成された組織。メンバーの中心を担うのは、民間の芸術団体・相模原市民ミュージカルから派生し、ご当地アイドルとして約5年にわたり相模原を市外に発信するための地域貢献活動を続けてきたアイドルグループ・つぶつぶ★DOLL。今回のイベントは、趣旨に賛同する地元企業らの協賛をはじめ、市や相模原商工会議所の後援を得て、開催にこぎつけた。

幅広い世代の交流に

 つぶつぶ★DOLLでは市内の様々な催しに出演する中で、イベントを盛り上げるためには地元だけでなく、市外からも観客を呼び込む必要性があると痛感。加えて、活動を通じて10代・20代の若者から多ジャンルの企画を要望する声が聞かれたため、とりわけ若者を取り込もうと、人気を博しているアニメやゲームといった若者文化を核とする企画を構想した。若者の参加を促すとともに、30代以上の来場者と融合させることで幅広い年代が交流し、どの年代も楽しめるイベントにしていく考えだ。

 具体的には全国各地から漫画やアニメのキャラクターに扮する「コスプレイヤー」が参加するコスプレのコーナー、市内の中高生による地域貢献活動の紹介、モノづくりを中心とした遊びのコーナーのほか、多数の地元飲食店も出店を予定。各コーナーを集め、参加型のテーマパークを想起させるイベントをめざす。

高校生バンドフェスも

 バンドやダンス活動に励む市内の高校生を応援しようと、投票型のステージイベントも実施する。市内の高校生に日頃の練習の成果を発揮してもらい、互いに競わせるのがねらいだ。優秀バンドには特典も付ける。加えて当日は、イベントのオリジナルテーマソング「終わらない歴史の真ん中で」を発表。その場でつぶつぶ★DOLLが歌い上げる。スペシャルゲストとして、歌手でタレントのmisonoさんも出演する。

 花火の打ち上げも行う予定で、盛りだくさんの内容で来場者を迎え入れる構え。企画したユメカナ代表の平野まゆさんは「これまでの活動でお世話になった人たちへの感謝を込めて、相模原と言えばコレだ、といえるものをこのイベントでつくり出したい」と話している。今後は中央区、緑区での開催も視野に展開する方針だ。

 時間は11日が午前10時から午後9時、12日は同午後4時まで。参加無料。詳細についてはホームページ(https://www.yumekana.club/)へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク