さがみはら南区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

衆院選14区・16区 小選挙区は自民が勝利 比例復活はともに希望

政治

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 第48回衆議院総選挙が10月22日に投開票され、神奈川14区(中央区、南区・緑区の一部)は自民党前職の赤間二郎氏(49)が、神奈川16区(南区・緑区・座間市の一部、厚木市、伊勢原市、愛甲郡)も自民党前職の義家弘介氏(46)が議席を獲得した。ともに希望の党公認として立候補した14区の本村賢太郎氏(47)、16区の後藤祐一氏(48)は重複立候補した比例で復活当選を果たした。共産は両選挙区で及ばなかった。

神奈川14区

 2014年の衆院選に続き、接戦となった14区。10万5953票を獲得した赤間氏が小選挙区で議席を守った。赤間氏は支援者を前に「接戦になるという下馬評通りの選挙だったが、みんなで勝ち取った勝利。現職の副大臣として、小選挙区で勝たなければならなかった。全身全霊で職務を果たしていきたい」と力強くあいさつした。

 民進党の方針に従い希望の党公認となった本村氏は、前回に続き比例復活を果たした。支援者の前であいさつに立った本村氏は「逆風の中、前回より1万票以上も伸ばせたのは、ひとえに支えてくれた皆様のおかげ。3期目も相模原の力となるために尽力していきたい」と話した。

神奈川16区

 自民・義家氏、希望・後藤氏の一騎打ちの様相となった16区。小選挙区の結果が出たのは、深夜0時41分となった。接戦に競り勝ち小選挙区を奪還した義家氏は「この議席は私のものではなく、私たちのもの。地元のため、国のため、皆様からお預かりした力に精一杯応えていきたい」と話し、支援者と喜びを分かち合った。一方、後藤氏は希望の党の結党メンバーとして臨むも惜敗。比例復活を果たしたが厳しい表情で「謙虚な気持ちで、より多くの方々の想いを受け止め国会に臨み、地元にも理解されるよう活動していきたい」と話した。

 相模原市全体の投票率は小選挙区・比例代表ともに51・95%で前回2014年の53・87%を下回った。南区は14区が小選挙区、比例代表とも54・84%、16区もともに51・17%だった。

小選挙区で当選し支援者と握手する赤間氏
小選挙区で当選し支援者と握手する赤間氏
比例当選を決め万歳する本村氏
比例当選を決め万歳する本村氏
小選挙区の勝利に笑顔の義家氏
小選挙区の勝利に笑顔の義家氏
後藤氏は比例復活にも厳しい表情
後藤氏は比例復活にも厳しい表情

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク