さがみはら南区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める 前田 誠一さん 麻溝台在住 68歳

広げ、深める「里親の輪」

 ○…虐待件数の増加や貧困状況の悪化など、子どもに関する問題が深刻になる昨今。虐待家庭などから保護された子どもを預かる里親へのニーズも高まっているが「まだまだ里親制度が知られていない」と現状を分析する。より家庭的な環境で子どもが生活を送るには、子一人に対し選択肢として最低3組の里親が必要と言われるものの、現実は遠く及ばない。10月21日には啓発イベントを行い、里親制度への理解を訴えた。

 ○…自らが里親となったのは30代半ば。勤務先で職場結婚したが子宝に恵まれず、仕事で移り住んだ相模原で里子の姉妹を預かった。成長の中で小学校中学年になると反抗期が始まり、子育ての壁に直面した。間違った行いに対しては叱ることもあったが、思いは伝わらず家出をすることも。「里親だからか」と悩み、自らを責めることもあった。そうした経験は今の活動に生かされている。「子どもがなぜ反抗するのか正しく理解することが必要」とし、会では子どもの発育に関し科学的な根拠に基づく研修を行う。「里親さんが自分を責め、孤立しないように支援していきたい」

 ○…退職後は趣味の時間も増える中、成人した姉妹との旅行は楽しみの一つだ。すると昨年、次女が晴れて結婚。本人から「一緒にバージンロードを歩いてほしい」と頼まれた。「予想していなかったが、本当に嬉しかった」。ドレスに身を包んだ次女の姿を目にした瞬間、込み上げた思いとともに涙がこぼれ落ちた。

 ○…会長を務め今年で12年。「若い人にバトンタッチしないとね」と世代交代を視野に入れるが、課題は山積。里親を増やすための広報の活性化、会員向け研修の充実などを図るため、会員と知恵を出し合う。そして「里親は特別な事ではなく、家族の1つの形としてもっと認知してもらえるようになれば」。長い時間をかけ育んできた「里親の輪」を、子どもたちの明るい未来のために広げていく。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

田邊 真美子さん

南区「はたちのつどい」実行委員長を務める

田邊 真美子さん

1月4日号

塩見 泰隆さん

プロ野球・東京ヤクルトスワローズにドラフト4位で入団した

塩見 泰隆さん

1月1日号

真壁 伸吾さん

北里大学医学部にオーケストラを創設し、市内で第一回定期演奏会を開催する

真壁 伸吾さん

12月14日号

田嶋 いづみさん

11月24日にバリアフリー上映会を行うNPO法人「ここずっと」の理事長を務める

田嶋 いづみさん

11月23日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク