さがみはら南区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

日本管楽合奏コン 区内3校が全国で健闘 相陽中は初出場で最優秀賞に

文化

 「日本管楽合奏コンテスト全国大会」が10月28、29日、11月3〜5日の5日間、文京シビックホール(東京都文京区)で行われ、区内から相陽中、大野南中、相模原中等教育の3校が出場。全国の舞台で生徒らは練習の成果を発揮し、相陽中は最優秀賞を手にした。

 今年23回を迎える「日本管楽合奏コンテスト」は中学、高校部門は編成人数により2ブロックに分かれており、大野南中と相模原中等教育は35人以下の編成で、相陽中は36人以上の編成部門でテープ審査を通過し全国出場の切符を手にした。

 10月28日に登場した相陽中は、今大会が初出場。9月に行われた東関東大会で6位となり全国出場を逃し、その悔しさをバネに挑んだ。部員71人のほとんどが吹奏楽未経験で、楽器を一から学び全国レベルの力をつけてきた。「演奏で特に気を付けていることは”音楽表現”。全員で曲のイメージを統一して練習に励んでいます」と部長の林百伽(ももか)さん(3年)。大会では、グランプリの次にあたる最優秀賞を手にした。

 翌週11月4日に出場した大野南中は、一昨年に同大会で最優秀賞を受賞している強豪校。『南中サウンドを響かせよう』を合言葉に、互いに聞き合って良い音をと練習に打ち込んだ。選曲したのは平和学習で学んだ第五福竜丸をテーマにした「ラッキードラゴン」。部長の山田明穂さん(2年)は、「来年定年を迎える顧問の細矢先生のためにも、良い演奏を」と大会に臨み優秀賞を手にした。

「次に繋がる演奏できた」相模原中等も初出場

 11月5日に出場した相模原中等教育学校は、中学1年〜5年生(高校2年生)まで65人が在籍しており、歳の離れた先輩、後輩が教え合って日々練習に励む。33人編成での全国出場は今回が初めてで、8月に行われたコンクールで銅賞と悔しい思いを晴らしたいと挑み見事予選を通過した。「クライマックスが盛り上がるように気持ちを込めた」と部長の黒澤鈴花さん。結果は優秀賞で、顧問の加藤穂高教諭は「前向きな講評も頂き次に繋がる演奏ができた。会場では全国レベルの演奏が聞け生徒は刺激になったはず」と振り返った。

大野南中(上)、相模原中等教育の吹奏楽部の生徒たち
大野南中(上)、相模原中等教育の吹奏楽部の生徒たち

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

国土交通大臣賞を受賞

相模女子大中学佐藤一葉さん

国土交通大臣賞を受賞

2月22日号

貧困対策、学力支援に重点

2018年度当初予算案

貧困対策、学力支援に重点

2月22日号

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

高齢者に録音機貸与

区内一般社団法人

高齢者に録音機貸与

2月15日号

「相模原からボート熱を」

南区在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

日本人初の快挙達成

ゴルファー山口すず夏さん

日本人初の快挙達成

2月8日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク