さがみはら南区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う とどろきちづこさん 相南在住 50歳

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena

絵に導かれ、新たな世界へ

 ○…森や空、自然の風景の中に、天使や小人、擬人化した動物たちが溶け込む。「あったらいいな」、そんな世界観をアクリル画で表現するイラストレーターだ。テレビで、教科書で、様々な場面で一度は目にした人も多いだろう、懐かしさと温かみで溢れている。桜台美術館での展示は今回で3回目。前回から6年ぶりの開催を「地域の方に新作を観て頂ける場なので、とても楽しみです」と語る。

 〇…物心ついた頃から絵ばかり描いていた少女だった。中学校までは横浜市緑区で育ち、高校は相模女子大学高等部へ。絵の道を志して多摩美術大学へ進学、卒業間近でイラストレーション誌上コンペ「第6回チョイス」で年度賞を受賞して頭角を現した。卒業と同時にフリーで活動を始め、都内各地で個展を開催するほか、NHKのTV番組「みんなのうた」のタイトルバックや、国語の教科書やNコンの表紙などを担当。現在は読売新聞の古紙回収袋にも作品が使用されており、「回収日に近所で見かけると、『あっ』と嬉しくなりますね」と微笑む。

 〇…大学生、高校生、中学生の3人の子を育てる母親。結婚・出産を機に相模原に住み20年以上となった。近所の公園を散歩するのが日課で「どうしても木に目がいってしまう」のだとか。霜が降りた朝の結晶、顔に見える果物。日常で出くわす瞬間を切り取っては写真に収めて楽しむ。尽きない好奇心は、創作の着想へ繋がっているのだろう。

 〇…子育てもひと段落したという今、時間があれば机に向うほど創作意欲が沸いている。隔年で行う橋本のギャラリーでの個展活動や、昨年からはMOA美術館相模原市児童作品展の審査委員を務めるなど、地域での活動も「縁合って」広がっている。一昨年、生み出された日常を旅するキャラクター「タビビトくん」に、まるで自身を重ね合わせるように、新たな作品に出会い導かれて挑戦する日々は続いていく。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook