さがみはら南区版 掲載号:2018年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する 貞苅(さだかり) 玲(れい)さん 御園在住 42歳

「舞台の魅力」地元で発信

 ○…インストラクター、舞台演出家、パフォーマーなど多岐にわたって演劇に携わる。自身が主宰する英語劇スクールでは、これまでのべ100人以上の生徒を指導してきた。「舞台に立つことで得られる『やり抜く力』は、きっとその後の人生で自信になるはず」。年1回の定期公演を間近に控え、力強く話した。

 ○…御園生まれ。近隣の米軍住宅で、幼少時から英会話を学んだ。舞台の道を志したきっかけは、11歳で鑑賞したミュージカル「レ・ミゼラブル」。その夢を追いかけるため、21歳でアメリカの演劇大学に留学。しかし授業のレベルの高さに、何度も挫折を味わったという。そんな折、日本文化を研究する教授に出会った。「どうしてもっと日本に興味を持たないのか?と言われ、自分にできることを考えさせられました」。以来、能や歌舞伎の魅力に触れ、帰国時には「いつか日本の伝統芸能を子ども達に伝えたい」と、手始めに自身の経験を活かせる英語劇の教室を自宅で開校した。

 ○…趣味は温泉・神社巡りのほか、生徒に勧められて始めたアニメ鑑賞。特に「銀魂」や、新撰組を題材にした「薄桜鬼(はくおうき)」がお気に入りだそう。「舞台に通じるものがあって、ハマりました。声優にも詳しくなって、今は宮野真守さんに夢中です」と目を輝かせる。最近は「地元に恩返しを」と地域活動にも熱心で、児童館でのボランティアや夏祭りの司会も務める。

 ○…「歌やダンス、演劇の世界に触れてみたい、という子どもの受け皿になれれば」と、英語劇を教える中で、「舞台を作り上げる」演出の醍醐味を知った。今後はいよいよ、伝統芸能を題材にした「和」ミュージカルに挑戦する。「時間はかかったけれど、思い描いた姿に近づいてきている。まずは体験して、伝統芸能に興味を持ってもらうことが大事。そうして子ども達にも『日本人であることの誇り』を感じてもらえれば」と意気込んでいる。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

小山 龍次さん

このほど、公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の理事長に就任した

小山 龍次さん

1月11日号

田邊 真美子さん

南区「はたちのつどい」実行委員長を務める

田邊 真美子さん

1月4日号

塩見 泰隆さん

プロ野球・東京ヤクルトスワローズにドラフト4位で入団した

塩見 泰隆さん

1月1日号

真壁 伸吾さん

北里大学医学部にオーケストラを創設し、市内で第一回定期演奏会を開催する

真壁 伸吾さん

12月14日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク