さがみはら南区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した 小野寺 彩(ひかり)さん 相模大野在住 21歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

芸術で「癒し」届けたい

 ○…ほんわかとした声や雰囲気、白を基調としたファッションは、まるで幻想的な自身の作品から飛び出してきた登場人物のよう。「作品を見た人が、深呼吸して肩の力を抜けるように。誰かの傍に寄り添う存在であってほしい」と、制作における想いを話した。女子美術大学進学を機に、本格的に美術を学び始めて3年目。その表現力、作品の持つ力強さで、独自の世界を確立しようとしている。

 ○…作品の素材は主にポリエステルの綿と羊毛フェルト。それをニードルと呼ばれる特殊な針で刺し固めることで整形していく。モチーフは一貫して動物。「言葉が通じないのに、こちらの気持ちを読み取って、黙ってそばにいてくれる」。子どもの頃から繊細な性格の友人が多く、周囲を「癒す」ことを職業にできないか考えてきたという。カウンセラーなども検討したが、「誰かの支えにも、自分の支えにもなってくれるものを生み出したい」と作品で表現する道を選んだ。

 ○…新潟県出身。地元の駅に降り立ち、水分を多く含むしっとりした空気を吸い込むと「帰ってきたな」と実感するという。幼稚園から高校まではピアノ、合唱と音楽一筋。しかし「積み重ねて形を作っていく表現」に惹かれ進路を模索したところ、紙や繊維で芸術を生み出す立体アートに出会い、美大を志した。現在までに発表した作品はまだ7つだが「早くも置き場所に困っています。今回はどうしよう」と苦笑する。

 ○…「制作に没頭することが多くて、上京してからは家と学校の往復ばかり。神奈川でもまだ行ったことがない場所が多いんです」と話す笑顔からは、充実ぶりがうかがえる。今後は学内のグループ展や卒業制作を控え、制作意欲はますます高まる一方だ。「自己満足にならないように、試行錯誤している。たくさん作って、展示をして、自分の作品が見た人にどんな影響を与えていくのか知りたい」と意気込んだ。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

山角 直史さん

無料学習支援塾「おひさま」の代表を務める

山角 直史さん

東京都在住 28歳

4月15日号

能勢 光さん

相武台団地商店街に開所した認知症対応型デイサービスの管理者を務める

能勢 光さん

中央区陽光台在住 37歳

4月8日号

米田 勝さん

新磯地域を案内する「新磯コンシェルジュ」の代表を務める

米田 勝さん

新磯在住 77歳

4月1日号

池田 宗道さん(本名:池田直道)

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の

池田 宗道さん(本名:池田直道)

豊町在住 75歳

3月11日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

3月4日号

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter