さがみはら南区版 掲載号:2018年4月5日号 エリアトップへ

釣り堀遊び野口徹也さん 「不定期で続けます」 惜しむ声の多さに決断

教育

掲載号:2018年4月5日号

  • LINE
  • hatena
野口さんと釣り堀で遊ぶ子どもたち =3月25日
野口さんと釣り堀で遊ぶ子どもたち =3月25日

 相模原麻溝公園で日曜・祝日に、相模台在住の野口徹也さん(84)が行ってきた「釣り堀遊び」が、3月25日に300回を迎えた。昨年から「300回で終了する」と言い続けてきた野口さん。しかし継続を求める声があまりに多いことから、不定期ながら続けていくことを決断したという。

 この「釣り堀遊び」は、子育てボランティアの一環として2004年に野口さんが個人で始めたもの。公園内に敷かれたブルーシートに丁寧に描いたクリップ付の海洋生物を並べ、磁石の付いた釣り竿で自由に釣って楽しむ。クマノミやアジ、イカなど、その数は1500匹以上。釣り竿も含め、すべて野口さんの手づくりによるものだ。参加費無料ということもあり、毎回大勢の子どもたちの歓声が響きわたってきた。「子どもの喜ぶ顔を見られるのが何よりの幸せ」と語る野口さん。しかし体力の問題もあり、昨年末に300回で終了することを決断、発表した。

 以降、釣り堀遊び開催時に自由に感想を書いてもらうノートには、「寂しい」「やめないで」「もっと続けて」といった言葉が多く並ぶようになった。中には直接熱い気持ちを伝えてくる人もおり、「皆さんの想いの強さに申し訳なくて、やめるにやめられなくなった」と野口さんは苦笑する。

 今後は不定期で開催していくという野口さん。「出会えたらラッキーだと思ってください」と笑顔で話している。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

ワクチン接種 円滑に

相模原市4月補正予算

ワクチン接種 円滑に 政治

総額22億8400万円

5月7日号

6年振り「相武ダービー」

SC相模原

6年振り「相武ダービー」 スポーツ

9日ホーム 町田迎え撃つ

5月7日号

4氏が厚生労働大臣表彰

4氏が厚生労働大臣表彰 社会

社会福祉功労者 市長に報告

4月29日号

「相模原愛」醸成へ条例制定

「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

全国初 市「魅力発信を強化」

4月29日号

目標は「春夏連覇」

東海大相模

目標は「春夏連覇」 スポーツ

センバツ優勝を市に報告

4月22日号

連休「家で花火を楽しんで」

連休「家で花火を楽しんで」 文化

全国一斉、市内は3日・5日

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter