さがみはら南区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

舞うか「翠風」 皐月(さつき)の空に 4日・5日 相模の大凧まつり

文化

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
(上)「相模の大凧まつり写真コンテスト」、凧揚げの部最優秀賞『輝星「2017」願いをこめて』吉沢公将さん撮影(下)まつり風景部門最優秀賞『阿波踊りで盛り上がる』田村泰規さん撮影
(上)「相模の大凧まつり写真コンテスト」、凧揚げの部最優秀賞『輝星「2017」願いをこめて』吉沢公将さん撮影(下)まつり風景部門最優秀賞『阿波踊りで盛り上がる』田村泰規さん撮影

 毎年ゴールデンウィークに開催され、「かながわのまつり50選」にも選ばれている相模原市の伝統行事『相模の大凧まつり』が5月4日(金祝)・5日(土祝)に、相模川新磯(あらいそ)地区河川敷(南区新戸(しんど)・磯部地先(じさき))の4会場で開催される。両日とも午前10時から午後4時まで。主催は同まつり実行委員会(川崎喜代治(きよはる)実行委員長)。

 大凧に書かれる題字は漢字2字。右上は「太陽」を示す赤色、左下は「大地」を表す緑色で書く。毎年公募されており、今年は『翠風』(すいふう)が選ばれた。地域の美しい緑を表す「翠」の字を用い、「草木の新芽のような素直な心を持ち、輝く子になってほしい」との願いも込められている。

 凧紙には、埼玉県東秩父村で作られる伝統的な手漉き和紙で、国重要無形文化財にも指定された「細川紙」が使用されている。

地元が支える

 相模の大凧は天保(てんぽう)年間(1830年頃)から始まったといわれ、190年近い歴史を持つ。会員数約500人の「相模の大凧文化保存会」をはじめ、地域の人々の努力によって文化が維持されてきた。今年も会場は新戸(新戸スポーツ広場)、勝坂(同)、下磯部(磯部頭首工(とうしゅこう)下流)、上磯部(三段の滝下広場)の4カ所。市ホームタウンチームの選手らも参加予定で、勇壮な掛け声とともに各会場で巨大凧が大空を舞う。また、和太鼓演奏やよさこいなど各会場ではイベントも開催。上磯部会場では5日の午前11時40分から、早稲田大学男子チアリーディングチーム「ショッカーズ」が登場し演技を披露する。その後は大凧揚げにも参加する予定だ。

4会場で一斉に

 凧の大きさは各会場によって異なり、新戸は8間四方(1間=約1・8m)、勝坂は5・5間四方、下磯部、上磯部は6間四方。新戸会場の8間凧が4会場で最も大きく、14・5m四方、重量は約950kg。引き綱の太さは直径3〜4cm、長さは約200mに及び、毎年揚げられるものとしては「日本一の大きさを誇る」と言われている。

 8間凧を揚げるには、80人〜100人の人員と、風速10〜15mの風が必要とされる。最長滞空記録は、2002年に記録した6時間7分55秒。

今年も安全最優先

 昨年、綱の引き手の男性が軽傷を負う事故があったことから、今年も各会場とも見物の立入禁止区域を拡張。新戸会場では、危険性が低い区域に観客席を増設する。

 まつり期間中は、午前9時30分から午後4時までの間、JR相模線相武台下駅から無料の巡回バスが運行される(左記地図参照)。

 まつりに関する問合せは市コールセンター【電話】042・770・7777へ。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク