さがみはら南区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

水泳飛込み競技 来春、相模原で世界大会 富士市に続き国内2例目

スポーツ

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
(上)会場となるさがみはらグリーンプール=23日撮影
(上)会場となるさがみはらグリーンプール=23日撮影

 水泳・飛込み競技の世界大会「FINAダイビングワールドシリーズ」が来年3月、市内のさがみはらグリーンプール(中央区横山)で開催されることとなった。同大会は今年3月に初めて国内で開催され、今回の相模原市での開催が国内2例目。世界レベルの大会が市内で行われる例は極めて珍しく、市民にとっては世界基準の演技を肌で感じることができる貴重な機会となりそうだ。

 一定の高さの飛込み台からジャンプし、着水までの動作や技術、美しさを競う競技「飛込み」。国際水泳連盟が主催するワールドシリーズは、オリンピックや世界選手権などで上位に入賞した選手やチームなど世界基準のアスリートが参加する大会で、2007年から毎年開催されている。

 同大会は昨年まで全て国外での開催だったが、今年3月には静岡県富士市で国内初開催。そしてこのほど、日本水泳連盟が定める国際基準を満たす飛込み台を持ち、代表選手らも練習拠点としているグリーンプールを有する相模原市に白羽の矢が立った。市によると、1964年東京オリンピックの際に旧相模湖町でカヌー競技が行われた例があるが、こうした大規模なスポーツの世界大会が市内で開催される例は珍しいという。

 相模原での世界大会を前に意気込みを見せるのが、相模大野生まれで2016年リオデジャネイロ五輪・男子板飛込みに日本代表として出場した坂井丞さん(25/ミキハウス所属)。本紙の取材に対し「地元開催で多くの声援を頂くと思う。重圧がある中でどういった演技ができるか。東京五輪へ向けても良い経験になる」と話している。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク