さがみはら南区版 掲載号:2018年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

このほど、ノジマ相模原ライズの新主将に就任した 伊倉 良太さん 都内在住 33歳

「ライズ」を地でゆく新主将

 〇…ライズの前身・オンワードオークスに入団し、今年で12年目。主将としての2度目のシーズンに臨む。選手たちにはこれまでのチームカラーとされてきた情熱あふれるプレーに、さらなる冷静な判断を求めていく考えだ。チーム全体をより良くする一心で、まとめ役に徹していく。

 〇…中学時代は野球部だったが、新たなスポーツに挑もうと、法政二高からアメリカンフットボールへ。中学3年時は178cm、105kg。恵まれた体格で頭角を現し、相手と最もぶつかり合うDL(ディフェンシブライン)を担当。ケガが絶えない中、昨年初めて手術を経験した。医者から厳しい状況を告げられるも、復帰の可能性を信じ、紹介された療法に身を投じた。術後は不安な毎日を送ったが、劇的に良化。試合に出られるまでに回復した。「引退時はどんな形でもフィールドにいたかった。神様がまだやれと言っているのかなと」と振り返る。

 〇…現在、チーム関係企業の工場長を務める。週5日働き、土日は練習、試合。平日の夜もトレーニングに励むなど余暇がない中、たまに4歳の息子と遊ぶのが休息のひと時だ。試合2日前は縁起を担いでかつ丼、同前日はパスタ。どちらも妻が腕によりをかける。試合となれば、親を含めて家族総出で応援。まさに家族に支えられる日々だ。

 〇…主将として須永恭通ヘッドコーチの指針の浸透を図り、選手の思いをフィールドで爆発させるための役目を担う構え。メンバー全員が練習、生活含め日本一にふさわしい行動ができているかを問い、自らも律していく。シーズンの最後に、皆で最高の笑顔を勝ち取るために。「地元の方とともに、日本一をめざしたい」。大けがからの奇跡の復活。「ライズ」を地でゆく新主将が、頂点へと導く。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

長谷川 明さん

相模原商工会議所青年部の第25代会長に就任した

長谷川 明さん

5月10日号

中臺(なかだい) 博さん

こども食堂などに余剰食材を提供する団体「フードコミュニティ」の代表を務める

中臺(なかだい) 博さん

5月3日号

鈴木 道雄さん

相模原商工会議所内の青年工業経営研究会(青工研)の会長に就任した

鈴木 道雄さん

4月19日号

片山 真さん

相模原南警察署長に着任した

片山 真さん

4月12日号

杉山 愛莉さん

卒業制作「大猫(びょう)行列」がギオン相模原大賞、女子美術大学卒業制作賞を受賞した

杉山 愛莉さん

3月29日号

鈴木 雅彦さん

地元相模原で生まれ育ち、初めて剣道最高段位「八段」を取得した

鈴木 雅彦さん

3月22日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク