さがみはら南区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

相模原市幼稚園・認定こども園協会 節目の50年、加盟全50園に 幼児教育向上へ「大同団結」

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
教育大会であいさつする川崎会長
教育大会であいさつする川崎会長

 市内の幼稚園・認定こども園で構成される「(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会」(川崎永会長)にこのほど、8園が加わり創立以来初めて市内に立地する全50園が加盟を果たした。これにより、同協会は創立50周年を迎える節目の年に市内全園が結束することとなった。同協会は今後、各園の個性を生かしつつ、質の高い幼児教育の提供を担保するため、これまで取り組んできた教職員を対象にした研修などをより充実させていく方針だ。

 同協会は1968年、大和市、座間市などの幼稚園で構成されていた相和幼稚園協会から独立し、市内30園が加盟する「相模原私立幼稚園協会」として誕生。2000年には他市に先駆けて、園内での幼児教育と併せて保育面でのサービスも行う「預かり保育」を市の協力のもと制度化するなど、時代の変化に合わせ「子どもたちの健やかな成長」をめざし多岐にわたる活動を行ってきた。

 幼稚園と保育所の良さを掛け合わせた「認定こども園」創設を受け、2016年に現在の名称へと変更。同協会創設以来、加盟のタイミングを見極めていた園が複数あったが、50周年を迎える節目の年に、市内に立地する園すべてが加盟することとなった。

 全50園の加盟を受け、川崎会長は「節目のタイミングで全園が『大同団結』できたことを嬉しく思います。これまでご尽力頂いた歴代会長、役員理事をはじめとした多くの方々に感謝しております」と話す。

研修の更なる充実へ

 16日には市民会館で、「教育大会」を全園加盟後初めて開催。各園の教職員など約570人が参加した。来賓としてあいさつした加山俊夫市長は、「幼児期の教育は人間形成において大切であり、皆様には非常に重要な役割を果たしていただき感謝しております」と労いの言葉を贈った。

 同協会では今後、全50園でより質の高い幼児教育をめざし、教職員の「研修事業」の充実に取組む予定。川崎会長は「『相模原市の幼児教育は私たちで担っていく』という自覚をより強く持ち、全園で手を携えながら全力で活動していきたい」と次なる50年を見据えて決意を口にした。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

サインシールを作成

NPO法人相模原アレルギーの会

サインシールを作成 社会

会員以外にも無料で配布

1月28日号

27施設の廃止など検討

市行財政改革案

27施設の廃止など検討 文化

歳出超過の解消へ

1月28日号

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク