さがみはら南区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

相模原こもれび 内閣総理大臣表彰を受賞 市内初の快挙

文化

(左から)表彰状を持つ海野理事、盾を持つ高橋理事長、加山市長
(左から)表彰状を持つ海野理事、盾を持つ高橋理事長、加山市長
 緑化活動の推進などについて顕著な功績のあった個人または団体を表彰する「平成30年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」。このほど東大沼の「特定非営利活動法人相模原こもれび」(高橋孝子理事長)が市内で初めて同賞に輝き、6月1日には加山俊夫市長に受賞の喜びを報告した。

 大沼・大野台・麻溝台地区にまたがる「木もれびの森」の保全のため、2001年に市が主催した森林ボランティア養成講座が同団体立ち上げのきっかけ。受講者が保全団体を立ち上げ、06年に市と森づくりパートナーシップ協定を締結、NPO法人化した。現在は森の下刈りや間伐・散策路整備などの保全活動を月3回行っている。

 受賞に際して、高橋理事長は「思いもよらぬこと。活動を知ってもらえるきっかけになれば」と話し、海野(うんの)基之理事は「森づくりは地道な作業。コツコツ続けてきたことが評価していただけた」と感慨深げだった。今後は市や女子美術大学と連携して案内看板、マップの作成も進めるという。

新たな担い手を募集

 現在、同団体の平均年齢は70代。新たな担い手を求め、「若者から高齢者まで気軽に参加してほしい」と高橋理事長は話す。活動は毎月第2土曜、第3日曜、第4水曜の午前9時から午後3時(6月から9月は午前中のみ)。年会費2千円。申込は高橋理事長【携帯電話】090・4629・4843へ。

10月1日、企業内保育園が開園

大野台幸園ではただいま園児、職員を募集しています。私達と一緒に働きませんか?

http://www.saiwai-kai.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

市民とも交流、友好深まる

ブラジル選手団来相

市民とも交流、友好深まる

8月9日号

初の福祉活動交流会

ロシアW杯に帯同

トレーナー久保田さん

ロシアW杯に帯同

8月2日号

「中学生の甲子園」に初出場

相模原BC

「中学生の甲子園」に初出場

8月2日号

阿波踊りの祭典、今年も

東林間サマーわぁ!ニバル

阿波踊りの祭典、今年も

7月26日号

まぼろしの原爆映画

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク