さがみはら南区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

美化表彰 今年も区内から 長年の活動が評価

社会

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を持つ堤さん(上)と飯原さん
表彰状を持つ堤さん(上)と飯原さん

 地域環境の美化に関し特に顕著な功績があった団体・個人について環境大臣が表彰する「地域環境美化功績者表彰」の表彰式が6月13日に都内で行われた。今年度は60件の表彰があり、県内から8件、市内からは上鶴間本町在住の堤正企さん(79)と相南在住の飯原雪男さん(88)が受賞し、昨年に続き区内からの選出となった。

根っからの綺麗好き

 横浜市で生まれ育った堤さんが上鶴間本町に転居したのは、1961年のこと。当時、自宅前の麦畑が荒れ野原となっており、「自分の子どもが遊べる場所を」と草刈りを思い立ったのが清掃活動のきっかけだった。

 その後、麦畑だった土地は市に移管され、谷口第6子ども広場となったあとも、堤さんは自発的に清掃活動を続けてきた。「もともと草花に触れることや、庭づくりをするのが好きだった。あと、汚れているのが大嫌いなんです」と笑う堤さん。広場を使わせてもらうことへの感謝の気持ちと、「子どもが安全に使えるように」との想いを常に抱いてきたという。

 広場は地域のお祭りやどんど焼き、バーベキューなどで賑わう場所となり、自宅から見える風景も様変わりした。今でも週1回は広場の見回りをし、草が生えていたらすぐに刈り取る。「健康管理のためにも、体が動くうちは続けたい」と話した。

自分にできることを

 時を同じく1961年に相南に転居してきた飯原さんは、厚木市出身。タクシードライバーとして働いていたが、自治会や老人会に入ったことがきっかけで清掃活動を始めた。相南地区での定期的な花の植栽と水やり、また、地域住民の憩いの場となっている松が枝公園の環境美化に長年にわたって貢献してきたことが評価された形となった。

 「まさか私が、という思い。自治会、老人会のメンバーのおかげです。自分にできることを、みんなと楽しくやってきただけなんです」と受賞には恐縮した様子だった。現在は毎月第2日曜日に公園の清掃活動に参加している。取材当日の6月15日に88歳の誕生日を迎え、「自分の体と相談しながら、これからも健康第一でやっていきたい」と話した。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

橋本公園で代替イベント

東京五輪聖火リレー

橋本公園で代替イベント 社会

ランナー87人が集結

6月24日号

今年は開催へ、実行委動く

おださがロードフェスタ

今年は開催へ、実行委動く 文化

新たな仮装イベント企画

6月17日号

高齢者完了へ 対応急ぐ

市ワクチン接種状況

高齢者完了へ 対応急ぐ 社会

12〜64歳 今月から券発送

6月17日号

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter