さがみはら南区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

スケートボード伊佐風椰さん 日の丸胸にアジアへ 全日本で優勝 代表に選出

スポーツ

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena
優勝トロフィーを手に微笑む伊佐さん=6月11日 相模原市役所
優勝トロフィーを手に微笑む伊佐さん=6月11日 相模原市役所

 相模女子大学高等部2年の伊佐風椰(いさ かや)さん(17・緑区在住)が、5月に東京都で開催された「日本スケートボード選手権大会ストリート」に出場し、見事優勝を果たした。この結果、8月にインドネシアで開かれるアジア競技大会に日本代表として出場が決定。6月11日に市役所を訪問し、野村謙一教育長に報告を行った。

 スケートボードは東京2020大会から採用されるオリンピック競技で、「パーク」と「ストリート」の2種目がある。伊佐さんが優勝したストリートは、街中に存在する階段や縁石、斜面や手すりなどを模したコースで行われ、技の難易度やスピード、オリジナリティを競う採点競技だ。

 伊佐さんは5月上旬にアメリカ・シアトルで開催された大会にも出場し優勝。帰国からわずか4日で出場した日本選手権では、満足のいく演技ができなかったそうで、「優勝と聞いた時は『まさか』という気持ちだった」と振り返った。

 伊佐さんがスケートボードを始めたのは6歳。家の近所に完成した小山公園ニュースポーツ広場で、楽しそうに滑っている人たちを見て「かっこいい!」と憧れを持った。当初、母・五絵子さんは「危険だから」と反対したが伊佐さんは譲らず、6歳の誕生日プレゼントにスケートボードを買ってもらった。

 以来、同公園を拠点にするお兄さんらに指導を仰ぎながら独学で練習に励み、小学5年生で出場した「中部アマチュアサーキット第2戦」で小学生として初優勝。全国の大会を転戦しながら、昨年からはアメリカにも活動の幅を広げている。

 現在も練習拠点は小山公園。「こんなに素晴らしい環境が身近にあるのが、何よりも財産」と話す伊佐さん。オリンピック競技になったことで、周囲からの注目度は格段に増した。そのギャップに戸惑いもある。昨年には練習中に転倒し、肩の骨と歯を同時に折る大けがもした。しかしやめようとは思わなかった。「オリンピックに出てみたいという気持ちはあるけど、まずはアジア大会で満足のいく演技をしたい。スケボーをもっとメジャーな競技にしていきたいですね」と目標を語った。

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

廃部危機 2人で越えた

大野台中ソフト部

廃部危機 2人で越えた 教育

星野さん・中村さん 最後の夏

6月10日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

「J2残留が目標」

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

トップ選手が市内を疾走

6月3日号

高齢者向けパズル開発

区内企業HAPPYカイゴ

高齢者向けパズル開発 社会

認知症者が楽しむ仕掛け

6月3日号

「接種済み」でサービス

コロナワクチン

「接種済み」でサービス 社会

南台 ワタナベ理容室

5月27日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter