さがみはら南区版 掲載号:2018年7月5日号 エリアトップへ

文部科学大臣表彰を受賞した読み聞かせの会「あいの会」を立ち上げた 榎本 はついさん 新磯野在住 70歳

掲載号:2018年7月5日号

  • LINE
  • hatena

本の世界に触れる機会を

 ○…幼少期からお話しを聞く楽しさを伝えようと、市内の保育園を中心に絵本の読み聞かせ活動を続けている「あいの会」。共同代表の重岡令子さんと共に26年前に立ち上げた同会の長年の功績が認められ、このほど文部科学大臣表彰を受賞した。「受賞したことはもちろんだが、推薦して頂いたことが嬉しかった」と胸一杯の感動をにじませる。

 ○…信濃川を有する自然豊かな新潟の地で4人姉妹の長女として育つ。読書と、山で四季折々の草花を眺めるのが好きな子どもだった。18歳の頃、母親の知り合いを頼りに厚木の測量事務所に就職。法務局に通って地図を写す日々を過ごす後、結婚を機に相模原に移り住む。そこで、子育てを通じて出合ったのが読み聞かせだった。生来の本好きということもあり、すぐにのめり込んだ。「絵本を読み終わった後、詰めていた息を一気に吐き出す子がいる。絵本の世界に入り込んでいる証拠」と目を細める。

 ○…ガーデニングが趣味。新潟の山で目にした可憐な青色の「エゾエンゴサク」が辺り一面に咲く景色が今でも忘れられず、それを彷彿とさせるような美しい花々を庭先で大切に育てている。図書館通いも毎週の習慣。今では、未読の本を探すのが大変なほどになった。

 ○…子どもたちの想像力を一層育むために、会では絵本などを持たずに物語を語り聞かせる素話(すばなし)も行う。最も長いもので27分。暗記し、繰り返し練習する。「保育の時間を割いてもらっているからこそ、中途半端なものにしたくない」。そのため毎月行う勉強会では会員同士で改善点を指摘し合う。子どもたちに物語を届けるのは「成長し悩みができても、本の世界に入り込めば救われるから。まずは絵本から」と、子どもと本を結ぶ架け橋として活動し続ける。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

相模台在住 82歳

6月23日号

神藤(しんどう) 昭嘉さん

相模原市陸上競技協会の会長を務める

神藤(しんどう) 昭嘉さん

緑区相原在住 74歳

6月16日号

貝瀬 壮(たける)さん

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した

貝瀬 壮(たける)さん

光明学園相模原高3年 17歳

6月2日号

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook