さがみはら南区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

市9月補正予算案 危険ブロック塀の対策も 総額13億6千万円を計上

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 市はこのほど、2018年度9月補正予算案を発表した。一般会計では、総額13億6千万円を計上。事業内容では相模原町田線(県道52号)の4車線化等の整備事業に向け、その用地取得等に関する経費が最大となった。ほか、2020年東京オリンピック競技大会の自転車ロードレースのコース決定に伴うPR経費や、倒壊の危険性のあるブロック塀等の撤去費用の補助経費なども補正案に盛り込んだ。

 9月補正の最も大きな歳出予算となったのは、都市計画道路相模原町田線(県道52号)の4車線化・JR相模線立体交差の整備事業で9億3447万円。これは4月に決定した国からの社会資本整備総合交付金の増額により、対象となる南区当麻〜下溝地区の用地取得のために事業費を増額するものだ。市はこの県道52号の4車線化について22年度の供用開始を予定している。

五輪への機運醸成

 今月9日、2020年東京オリンピック競技大会における自転車ロードレース競技のコースの一部が市内に設定されたことを受け、その推進機運を高める事業に約998万円を計上した。競技の魅力やコースを紹介するPR動画の作成および放映、横断幕やポスター、パンフレットなど普及啓発物品の作成を行う。市オリンピック・パラリンピック推進課は「まず、自転車ロードレースとはどのような競技なのかを知ってもらい、オリンピックが市内で観戦できる機会があるということを広く周知していきたい」と話している。

大阪北部地震受け

 6月に起こった大阪北部地震でブロック塀が倒壊し、女子児童が死亡した事故を受け、危険防止対策として既存住宅・建築物耐震化促進事業に750万円を計上。地震等により倒壊の危険性のあるブロック塀等について、通学路、重点地区については撤去工事費の4分の3(上限15万円)、一般地区についても2分の1(上限10万円)を補助。申請の締め切りは来年の1月末となっている。

 その他、田名四ッ谷やよい公園(中央区田名)の地権者からの買取申出に基づく用地購入事業に約2億1197万円、昨年10月の台風21号で上下法面ともに崩落した市道藤木沢(緑区葉山島)の復旧工事に約1億6640万円を計上。今回の9月補正予算案は、現在開催中の9月定例会議で上程される。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

学習の成果 ボーノで発表

谷口台小

学習の成果 ボーノで発表 教育

1日限定「蚕の博物館」

2月20日号

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

交通事故が急増中

南署管内

交通事故が急増中 社会

高齢者、自転車は県内最多

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 社会

公社と相模女子大が協定

2月13日号

「常笑」胸に初優勝

東海大相模女子バスケ

「常笑」胸に初優勝 スポーツ

アレセイアの連勝止める

2月6日号

「史上最高」を目指して

ノジマステラ神奈川相模原

「史上最高」を目指して スポーツ

2020新体制発表

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク