さがみはら南区版 掲載号:2018年9月6日号
  • googleplus
  • LINE

事前準備で生活を守る

社会

防災グッズにブースを出店
防災グッズにブースを出店
 災害時に日本各地から派遣されるボランティアを統括し、被災地の混乱を防ぐなどの活動を行うのが、「相模原災害ボランティアネットワーク」。市民で組織される市の任意団体だ。

 副代表の大石努さん(82)によると、平常時は防災・減災についての啓発活動や、防災コーディネーターの養成講座を開講するなどの活動を行っている。

 啓発活動の一環として、9月2日に行われた市総合防災訓練では、防災グッズや備蓄品などに触れてもらうブースを出店。ガラス飛散防止フィルムや家具の転倒防止用グッズ、簡易トイレ、衛生用品などを展示した。

 大石さんは長年活動に取組むなかで、「市民の『防災』に関する意識が薄れている」と感じているという。同団体のメンバーのほとんどが70代から80代で、若い世代の加入はほとんどない。また、自宅に備蓄品を用意している家庭も少ない。自分や家族の生活を守るためには、「備蓄」が非常に重要だと話す。

 「東日本大震災時にはスーパーなどで買占めが起こっていました。いざという時の為に、『ローリングストック』を行っていれば、買占めなどは起こらず生活を守ることができます」と大石さん。ローリングストックとは、水や食料などを通常の2倍を目安に買い溜めしておき、半分ほど無くなった時点で消費した分を買い足すというもの。その他にも、停電時に使えるランタンや10年保存できる乾電池など、ホームセンターで手に入る防災グッズも多い。

 「まずは関心を持って頂き、簡単にできる備蓄などから取り組んでみては」と大石さんは話している。

「老眼鏡より快適」な見え方へ

遠くも近くもよく見える!遠近両用コンタクトレンズならアイシティ相模大野店へ

https://www.eyecity.jp/product/bifocal/?from=bifocal&utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_term=&utm_content=&utm_campaign=bifocal

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

9/22家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中低音楽器の演奏も

中低音楽器の演奏も

大野南クラシックコン

9月22日~9月22日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク